« 定時制高校に定員オーバーによって入学できない若い人々の深刻な事態を怒りを持って告発します。 | トップページ | フランク永井さんを私は敬愛します。彼の歌は15歳の頃から私の心に何故か甘く響いてきた・・・NHK衛星放送を見て想ったこと。 »

2009年11月 7日 (土)

民主党の選挙公約(マニフェスト)破りを許さないのと同時に民主党を選んだ人々に問いかけたいこと・・・

 沖縄県の米軍基地問題での岡田克也外務大臣の日本共産党・笠井議員への衆議院予算委員会答弁は民主党の本質を顕わにした答弁でした。再現しましょう・・・
 
 笠井議員「(嘉手納統合案について)『断じて許されない』と嘉手納町議会が全会一致で意見書を決議した」。
 岡田外相「日米安保条約は必要と考えるわが党と共産党の考えの相違だ」。

 日本共産党が沖縄県民の意思を突きつけて質問したにも関わらず「共産党との考えの相違」は応えになっていません。嘉手納町議会の意見書決議は日本共産党に左右された意見書ではないでしょ?

 私は民主党に伺いたい。
 
日米安保条約を日本とアメリカが対等な条約と考えているのか?
沖縄のアメリカ軍基地が県民に与えている酷い実態をアメリカに伝え『受け入れられない』と何故云わないのか?
アメリカ本国では許されないタッチ・アンド・ゴウと言われる危険と騒音をばら撒く夜間離着陸飛行訓練をはじめ危険な訓練が何故日本では許されるのか?
これでも対等と考えるのか?

 また岡田外務大臣は国民にとって不思議で変な理不尽な発言もしました。
「選挙中に民主党が話したことは国民への約束ではない」。

 では一体何を国民に何を伝えたくて「無駄な」お喋りを民主党の候補者・代表はしたのか?

 聴かされた国民は民主党が政権を獲れば実行すると思うはずです。
その国民が思う当然な事を「そうでは在りません。民主党が与党になっても必ずしもしません」と同じではないでしょうか。「ただお喋りしただけです」・・・と。

 民主党支持にこの間の選挙からなった有権者お一人、お一人に私は伺いたい。

 何を、どうしてくれると思って投票したのですか?

 それくらい有権者一人ひとりが考えなくては日本の将来は暗いと想うのですが・・・
 
 何かマスメディアから伝わる雰囲気に従ってなど論外です!無責任です!
わたし達の先人が選挙権が待てなかった時代に、普通選挙権を得る為に命を懸けて闘って勝ち取った、わたし達の幸福にとってとても大切な果実なのに雰囲気で権利を行使するなんて・・・無責任です。

 極自然な営みとしてこんな大勢の無責任者を作りだした権力者に心からの敬意を表します・・・
  

 

|

« 定時制高校に定員オーバーによって入学できない若い人々の深刻な事態を怒りを持って告発します。 | トップページ | フランク永井さんを私は敬愛します。彼の歌は15歳の頃から私の心に何故か甘く響いてきた・・・NHK衛星放送を見て想ったこと。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 定時制高校に定員オーバーによって入学できない若い人々の深刻な事態を怒りを持って告発します。 | トップページ | フランク永井さんを私は敬愛します。彼の歌は15歳の頃から私の心に何故か甘く響いてきた・・・NHK衛星放送を見て想ったこと。 »