« 鳩山首相の記者会見を聞いて・・・この人の家庭は親子断絶家庭か、はたまたお惚けか?政治家『独特』の責任回避! | トップページ | 鳩山内閣初の予算案に私は反対します。(2)、 »

2009年12月25日 (金)

鳩山内閣初の予算案に反対します!

 まず第一に大幅な文化予算の削減は重大な事実です。

 そして第二に、歳入改革に何も踏み込まなかったのも重大な事実です。

 第三に、歳入が減り続ける現実に何も踏み込まなかった重大な事実。

 労働者派遣法の改正は五年先に成りました。
 後期高齢者医療制度の廃止も先送り。

 今日のNHKのテレビニュースで、鳩山政権は先に衆議院選挙で掲げたマニフェストを『どれだか実現できたか』という報道をしていましたが、見ていても、聞いていてもよく判りませんでした。

 何故でしょう?
 民主党が先の選挙で訴えたマニフェストの一部(6項目)を写真で表し、それにどれ程の予算が付いたかを報じていました。それによって、現実に実現するのかは、伝わらないし、伝えようとしていません。

 私が第一に掲げた文化予算削減は、人間が、人間として生きていく上に絶対必要な分野の予算削減なのです。

 多くの方は、もしかすると、衣食住に関係の無い文化予算は後回し意で良い、と、思われるかも知れません。
 でも、人間が、人間で在ることの、他の生物と区別される最大の理由は文化を自覚的に持つ事なのです。

 ですから、憲法第25条に「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」と指摘しているのです。

 人間に「文化的な・・・」はとてつもなく大切な事なのです。

 例えば、現在多くの中小企業は、現実に仕事が減り、比較的真面目な企業はそれでも首切りをせずに、正規賃金の90パーセントを支給するから休職扱いにしようと「休職勧告」をしています。

 その勧告を受けた労働者が現実に感じるのは、次は「退職勧告」だろうなです・・・

 「俺は今必要とされていないんだ!」
 そんな思いを感じない無頓着な労働者は滅多にいません。

 私は思うのです・・・
 今、現実に仕事が無くて、仕事を割り振れないのなら、「内の会社の将来の為にも、皆が思っていること出し合って欲しい、知恵を貸して欲しい・・・」そして「この不況の時期を、どう乗り切るかを皆で考えて打開したい」等、自社の労働者を信頼して知恵を借りれば、経営者が今まで考えも及ばなかった知恵が、労働者の中から浮かんでくると私は思うのです。それが、「俺も必要とされているんだ!」という意識を生み出し、これから先、うんと頑張れるのです。

 私も今までに、私の人生の先を迷っている時には、気持ち的に中途半端な仕事に着いてきました。それも当然だと思っています。
 自分が何を専門職として選ぶのか迷っている時期、当然色々な仕事を選びます。

 私が長唄の三味線弾きとして生きていこうと心を決するまでには、色々な仕事に就きました。

 最初の仕事は、マイクロ写真の現像でした。
 このマイクロ写真というのは、古文書を写真として保存する役割を持っていました。私は考古学が好きだったので調度あっていました。

 その次は役者のブロマイドを現像する会社でした。
 私が夢見るような世界のスターの現像された写真が、私がゴム手袋をして優しくかき回すハイポという液体の水槽の中で、次第に明確になっていくのです・・・頃合を見計らって水の水槽に移します。

 その次は、アルプス電気という電気部品メーカーの、部品組み立て作業の仕事でした。
 次から次へ、ベルトに乗せられて送られてくる部品に、小さな部品を取り付ける作業でした。

 最後に付いた仕事は本屋さんでした。
 私が大好きな『本』を売り、慣れてきてから暫らくしては「東販」「日販」等、当時の問屋さんに買付けにも行きました。

 私はこの経験の中から、つくづく感じた事が在るのです。
   
 最初のマイクロ写真の仕事現場では、写真に撮っても読めない漢字が在るのです。
 私は直接写真の現像には関係ありませんが、ここには、こんなことが記されているようですと調べた事を皆に話をしました。自分の写真が、何を書いた文書なのか判らなくても、仕事自体は変化しませんが、気持ちが少しずつ変わっていくのです。

 役者のブロマイドの現像は私にとって大した意味在りませんでした・・・

 アルプス電気の工場では、私は若いアルバイトで入ったのに、当時、私の前から働いている『日雇い労働者』の先輩から、コンベアの動きに合わせる体の動きの基本を教えてもらいました。とても助かった記憶が今でも鮮明に残っています。

 最後の本屋さんは、東京・代々木に在る「美和書店」という知る人ぞ知る有名な本屋さんです。
 基本的に日本共産党の出版物を売り、その他民主的な本を売っている本屋さんです。
 どんなに間違えても、安部氏や麻生氏の著作は売りません。

私は長唄の三味線引きとしての職分を決めるまでに、幾つかの、数少ない他の職分の経験を積んできましたが、
それぞれ働く人達が、それは私の先輩労働者を含め、何らかの形は違っても、自分たちが必要とされていると感じられる職場には活気が在りました。

 今日私は、人間論に終わりそうです。
 もっと、もっと書きたかったことが在ったのですが、第一の問題だけで終わってしまいそうです・・・・
 
 東京の稽古から帰ってきて疲れてしまいました・・・
 おまけに、歯から膿が出ていて痛むのです・・・


  

 

|

« 鳩山首相の記者会見を聞いて・・・この人の家庭は親子断絶家庭か、はたまたお惚けか?政治家『独特』の責任回避! | トップページ | 鳩山内閣初の予算案に私は反対します。(2)、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鳩山首相の記者会見を聞いて・・・この人の家庭は親子断絶家庭か、はたまたお惚けか?政治家『独特』の責任回避! | トップページ | 鳩山内閣初の予算案に私は反対します。(2)、 »