« こんどの旅での一番の、私にとっての最大な価値は、ピカソの本物の作品の前での食事でした。 | トップページ | 内閣法制局長官の国会答弁禁止を狙う民主党の主張は、憲法前文に明確に記されている「『憲法の精神』を骨抜きにする為の悪魔の提案です! »

2010年1月16日 (土)

ですから私言っていたのです、民主党の本質を。どこも、皆さんが嫌いに成ったった自民党と変わりはしないことを・・・

 小沢代表はいいですね・・「検察と闘う」ですって、『不当』な検察権力と闘うんですって・・・それにしては顔色が、顔つきが、前より悪化していますが。
  
 
 民主党代表・内閣総理大臣鳩山首相はいいですね・・「小沢氏を信じる」ですって。ですから「党としての独自の調査はしない」ですって・・・
  
 皆さんが見捨てた、自民党の総裁たちも「政治家個人が判断する事」「私は信じている」とかずっと同じ言葉を昔から云っていました。「検察権力と闘う」は在りませんでしたが。
 
 私、こんな言葉は信用しないのです。

 『勇気在る、権力と闘う』政治家、小沢民主党幹事長は「帳簿記載上のミスで逮捕」するなどおかしいと云いました。更に「私はきちんと説明し判ってくれていると思っていた」とも。

 日本の検察権力は昔から、確かに強大な力を持っていますが、民主党を潰す為に、小沢氏を潰すためにその力を発揮するとは、私は思っていません。そんな必要性、日本の権力者には無いからです。

 私は今回の問題の一番重要なことは、帳簿記載のミスではないと主張します。
 確かに、帳簿に記載されていないのですから「記載『ミス』」は当然存在しています。

 でもことの本質は、『ミス』自体ではなく、ここで動いた莫大な金銭の原資なのです。

 小沢民主党幹事長本人は勿論、鳩山首相さえもが、この重大な原資に何も触れません。
 誰が簡単に考えても、莫大なお金がどうして在ったのか、どの様に所持出来たのかが第一番の問題なのです。

 鳩山首相兄弟の場合は本当の『子育て支援』でした・・・それも莫大な・・・?
 
 わたし達庶民は、現実に親からたとえ十万円でも『支援』を受け、申告していなければ、即、調査されます。
 そして追徴金を受けざるを得ません。

 本人は勿論、党としても調査さえする意思も無い。

 自民党と同じ対応ですね・・・

 
 
 
 

|

« こんどの旅での一番の、私にとっての最大な価値は、ピカソの本物の作品の前での食事でした。 | トップページ | 内閣法制局長官の国会答弁禁止を狙う民主党の主張は、憲法前文に明確に記されている「『憲法の精神』を骨抜きにする為の悪魔の提案です! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« こんどの旅での一番の、私にとっての最大な価値は、ピカソの本物の作品の前での食事でした。 | トップページ | 内閣法制局長官の国会答弁禁止を狙う民主党の主張は、憲法前文に明確に記されている「『憲法の精神』を骨抜きにする為の悪魔の提案です! »