« 阪神・淡路大震災15年。新聞赤旗の主張(社説)全文を記します。「阪神・淡路大震災15年」。 | トップページ | 自民党政治が残した爪あと、1。日本航空破綻。単純に「競争原理の無さの結果」だけで見るのは、長年に亘る自民党政権の責任を免罪することに成ります。 »

2010年1月18日 (月)

小沢氏の態度と、鳩山首相率いる民主党の姿勢は異常のひとこと、常識的な感覚では・・・

 最初から一言申し上げて起きます、私の感覚は常識を超えていますから・・・

 こうでも記さなければ「あんたの感覚こそ異常だ!」などと云われますから。

 今日、小沢氏は云いました「検察の公正な捜査には協力し・・」と。

 「検察の公正な捜査」と云うことによって、現在の捜査が『公正』でない事を主張しているのです。

 民主党の代議士の中には、「検察が情報をリークしているのではないか」という意見を云う人たちがいます。そして、民主党の中に、弁護士議員中心の調査会もできたそうです・・・

 小沢幹事長にかけられた疑惑を、解明する為に民主党が立ち上げた調査会では在りません!

 小沢幹事長が『不当な疑惑』をかけられていないか?それを調査する調査会です。

 民主党自身が、語っていますからこれは事実です!
 「全ての資料を持ち去られていて調査出来ないし、今現在捜査中の事だから、党としての調査はしない」とはっきり云っていますから・・・・

 私は思うのです。
 党としての調査は、検察の捜査とは全然違うと・・・

 検察の捜査は、裁判を維持できるだけの『証拠』集めのが目的の捜査です。

 政党がするべき調査は、それとは話しが違います!
 
 同じ政党に所属する人が、大きな、それも国民的に疑問を持たれる疑惑をもたれた時、それも政党の幹部であれば在るほど、検察の捜査結果が出る以前に、自ら調査して一定の答えを出す、それこそが民主主義を標ぼうする政党の在るべき本来の姿です。

 同じ『志(こころざし)』を持った人々の政治集団が本来の政党です。

 ならば、検察に資料を全部持っていかれて、資料が無いから、調査も出来ないなんて在り得ないのです。

 同じ政治的『志(こころざし)』を持っている人たちならば、証拠なんて無関係です。
 
 ちゃんとした証拠何て無関係に、きちんと、同じ志を持つ人間として「あなたの疑惑は一体どうなっているのか?」「証拠なんて別に何も要りません。正直な、正確な話しをして下さい」「わたし達は国民の皆さんから信託を得て、行政を行い、立法も行なう責任ある立場にいます。司法の判断を待つのは、政党として無責任なのです」。

 如何です?
それこそが、国民に責任を持つ政党の在るべき姿です。

 野坂参三という、戦後長く日本共産党の委員長だったスター的人を、日本共産党は十数年前除名したのです。

 当時、私は何が在ったのかと真剣に考え、思い、悩みました・・・
 野坂氏は、私が尊敬してやまない、日本共産党の、戦前からの弾圧に屈しなかった闘士、戦後は柔和な闘士だったから、父を含めファンだったのです。

 私は、日本共産党の説明を受けました・・・
 
 その当時は、チョッと日本共産党に不信感というか、もう少し情があってもいいんじゃない、と思ったのですが、話を聴き、事情を知ると、おまけに野坂氏自身が、ある根本的事実を認めたと成ると私はこの人を、野坂氏を許せなく成ったのです。

 この人がソ連でしたことは、人殺しでした。
 自分の立場をより良い位置にする為に、困難と闘ってきた日本人同志の人を、嘘の密告でソ連共産党に殺させたのです。その後も、彼は平然と戦後日本で、日本共産党の最高幹部として立ち、振るまってきたのです。

 私は、これこそが、国民に対して責任を持つ政党の在るべき姿だと思うのです。
 
 ちょっと数年前には、筆坂という日本共産党の最高幹部、国会議員・政策責任者を、女性に対するセクシャルハラスメントで国会議員を辞任させ、党の幹部から外しました。結果彼は、それらの処分を自ら受け入れたのですが、その後、離党、反・日本共産党の立場を明確にした「暴露本」を著作しました。今は、何しているのでしょう・・・

 世の中を、このように変えていきたい!
 日本の社会をこんな社会にしたい!

 そんな意識を持って集まった人々の政治集団が本当に「党」と言えるのでは在りませんか・・・

 日本の本来の政党、何処に在ると思われますか?
 民主党ですか?
 社民党ですか?国民新党ですか? 自民党ですか?公明党ですか?
 それと日本共産党ですか?

 あなたの判断次第です・・・・

 

 

|

« 阪神・淡路大震災15年。新聞赤旗の主張(社説)全文を記します。「阪神・淡路大震災15年」。 | トップページ | 自民党政治が残した爪あと、1。日本航空破綻。単純に「競争原理の無さの結果」だけで見るのは、長年に亘る自民党政権の責任を免罪することに成ります。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 阪神・淡路大震災15年。新聞赤旗の主張(社説)全文を記します。「阪神・淡路大震災15年」。 | トップページ | 自民党政治が残した爪あと、1。日本航空破綻。単純に「競争原理の無さの結果」だけで見るのは、長年に亘る自民党政権の責任を免罪することに成ります。 »