« 音楽家にとって、暗譜は必要か? 新聞赤旗の新年号、志位委員長とピアニストの対談記事を読んで・・・  | トップページ | 『抑止力・抑止力』で全国何処でもアメリカ軍基地。国民を騙すのもいい加減にして欲しい・・・わたし達は騙されているのです! »

2010年1月22日 (金)

鳩山首相の「起訴されないことを望む」発言に見る、民主党の持つ本質的軽さ。この軽さは何処に原因が在るのでしょう・・・

 一国を国際的に代表している・国内的には、総理大臣として責任を背負っている自覚が、この方には在りません!

 鳩山首相のことです。

 何故、彼がそんな立場に立ったのか、立てたのか・・・

 日本経団連はじめ日本の財界は、保守・二大政党制を、早くから、と言っても自民党の化けの皮が、ボロボロに国民の前で剥げ出してからですが、目論みました。

 一方、財界から期待された民主党は、シャドウ(影の)内閣とか云って『外務大臣』『財務大臣』とかを空想で、頭の中で勝手に作り出し、まるで『オウム真理教』のように一躍、社会に打って出られそうな雰囲気に成っていました。

 まあ、おまま事みたいなことですが・・・

 でも、そんな雰囲気を日本社会の中で醸成し、民主党をその気にさせ、訳知り顔で「講釈」を国民に押し付けて来たマスメディア、その責任は取って頂きたいですね・・・

 民主党政権が国民の選択によって誕生する前、マスメディアは、自公政権の悪政に対して比較的批判的でした。

 いざ、民主党政権が出切ると、今度は、民主党政権に対して比較的に批判的論評が目立つように成りました。

 何故でしょう・・・

 権力に対して、批判的なポーズを、取りたかったからです。
 ここで大切な事は、ポーズとは、姿・形のことだと言うことです。
 
 わたし達にとって大事なのは、ポーズではありません。

 わたし達国民のことを想う、真実の心です。

 そんな心、この方たちには最初から何も存在しないのです。

 ですから、軽はずみな発言が、後を絶たないのです。

 私がこのブログの記事を立ち上げる時でさえ、この言葉が、ある人たちを傷つけないか・・・
 私、考えます・・・

 それ程、深長に考えて記します。
 それでも、人を傷つけてしまう場合が在るのです・・・

 はなから、この人たちは、何も想像力を持たず、ただ、操り人形の如く、「権力の座」に就いただけなのです。

 ですが、この人たちを、そんな「座」に座らせた最終決定人は、わたし達、選挙権を行使した人々なのです・・・

|

« 音楽家にとって、暗譜は必要か? 新聞赤旗の新年号、志位委員長とピアニストの対談記事を読んで・・・  | トップページ | 『抑止力・抑止力』で全国何処でもアメリカ軍基地。国民を騙すのもいい加減にして欲しい・・・わたし達は騙されているのです! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 音楽家にとって、暗譜は必要か? 新聞赤旗の新年号、志位委員長とピアニストの対談記事を読んで・・・  | トップページ | 『抑止力・抑止力』で全国何処でもアメリカ軍基地。国民を騙すのもいい加減にして欲しい・・・わたし達は騙されているのです! »