« 小沢氏の態度と、鳩山首相率いる民主党の姿勢は異常のひとこと、常識的な感覚では・・・ | トップページ | 自民党政治が残した爪あと2。 賄賂政治と民主党の汚れた体質。 »

2010年1月19日 (火)

自民党政治が残した爪あと、1。日本航空破綻。単純に「競争原理の無さの結果」だけで見るのは、長年に亘る自民党政権の責任を免罪することに成ります。

 詳しい検証・説明は、後日の記事で行ないますが、マスメディアの報道などを見聞きしていて、私は想うのです。
 日本航空経営破綻の大きな原因の一つとして、自民党政治の、大型公共事業最優先政策としての不必要な地方空港の建設ラッシュを無視しては語れないと・・・・

 「親方日の丸」企業であった事が最大の原因では絶対有りません。

 日本航空で働く人たちは、一生懸命働いてきたのです。
 かなり酷い、労働状況下で働いてきたのです。
 多くの国民が想わされているような「高給取り」ではありませんでした。

 世界では、パイロットとして一番安い給料で働いてきた日本航空パイロットたち・・・
 世界では、客室乗務員として一番安い給料で働いてきた日本航空客室乗務員たち・・・
 世界では、機体整備士しとして一番安い給料で働いてきた日本航空機体整備し士たち・・・
 世界では、地上職職員として一番安い給料で働いてきた日本航空地上職職員たち・・・

 安全と裏腹な、収益第一で日本航空を経営してきたトップたち。
 安全と裏腹な、経験ある人々の首切りをしてきた経営トップたち・・・
 安全と裏腹な、整備の手抜きを推し進めてきたトップたち・・・
 安全と裏腹な、民間飛行機としてのパイロット養成を怠ってきたトップたち・・・

 株主配当は守られていた。

 こんな事さえわたし達国民には知らされてこなかったでしょ?
 このたった一つの現実だけで、如何に、自民党政府がわたし達国民の安全には無関心だったかをあからさまに示しています。
 
 

|

« 小沢氏の態度と、鳩山首相率いる民主党の姿勢は異常のひとこと、常識的な感覚では・・・ | トップページ | 自民党政治が残した爪あと2。 賄賂政治と民主党の汚れた体質。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小沢氏の態度と、鳩山首相率いる民主党の姿勢は異常のひとこと、常識的な感覚では・・・ | トップページ | 自民党政治が残した爪あと2。 賄賂政治と民主党の汚れた体質。 »