« 私は、優しい人間でありたい・・・ | トップページ | 「沈まぬ太陽」を読んで。 »

2010年2月 8日 (月)

トヨタがやっと、日本でのリーコールを発表。ギリギリに追い詰められるまでは積極的に動かない。当面の利益だけに執着して・・・

 私が絶対買わないと宣言しているトヨタの車。

 このトヨタほど、儲けることだけが企業目的の企業を私は知りません。
 私の知る限りで、最悪・最低・犯罪的な企業です・・・どこが、世界の「トヨタ」なのか?日本人として恥ずかしい・・・

 「世界のトヨタ」は今までいつもそうです。

 日本人の心ある知的良心を持ち、発言場所を持つ人々が、かつて、トヨタの云う安全な車は、全然安全ではないと、指摘していました。

 それに対してトヨタは「ペコペコで壊れる車体こそ、衝突の衝撃力を弱める、最大の在り方」と主張してきました。

 「我がトヨタの自動車こそ世界一安全なんです」と云って日本国民に売りさばいてきたのです。
 無責任な「評論家」なる人たちの賛同を得ながら・・・

 この時、日本ではペラペラの薄い鉄板だけの車を日本国民には売りさばきながら、アメリカなど、輸出車には、ドアーの隙間に鉄の棒を入れて強化して売っていたのです、トヨタは・・・

 当時からドイツのメルセデス・ベンツ、スウェーデンのボルボなど、世界の自動車メーカーの多くは、車の衝突安全性や、衝突時の対人安全性までも考慮して車作りをしていました。

 当然、研究開発費も必要だったでしょう。調査費も必要だったでしょう。
 その、最善な安全な車を完成させ、ユーザーに届けるのには莫大な費用がかさんだでしょう。
 当然、車の値段に跳ね返った。

 トヨタは、薄っぺらい鉄板で出来た車こそ、尤も安全なのだと国民を騙し、日本国内で大儲けして、世界に打って出た・・・但し、鉄で出来た棒を入れて強化した車で・・・

 いよいよ、世界的基準として、自動車の安全性が確かでなければ、世界的に商売出来なくなるまで、トヨタは待ちました、本当に安全な車の発売を。
 その時が、遂に到来した。そしたら、すかさづ「世界の安全基準を超えたトヨタの『ゴア』」なるキャッチフレーズを売り出しました。これがキャッチフレーズであった事の証左、現在この図々しいトヨタも『ゴア』なんて云わなくなりました。簡単です、トヨタが当時、急に売りだした「安全基準」なる『ゴア』は、自動車メーカーが持っていて当たり前の、あらためて売り出す言葉ではなく、世界では当然なことだったのです。

 トヨタ自身が、ちゃんと、トヨタの車は世界の安全基準に達していないことを、トヨタ自身が判りきっていたのです。
 ですから、そっと研究し、即、実際の車を作れるだけの技術とノウハウを持っていたのです。

 日本政府は、自公政権時に作られた「エコ・カー減税」措置を、まるで国民、世界の為のように宣伝し、民主党鳩山内閣も受け継いでいます。

 少なくない国民も賛成しているのでしょう。

 でも、この「エコ」、何処まで宣伝されているように本当に「エコ」なんでしょうか?
 お考えに成った事在りますか?

 この、「エコ」、またもや国民的、犯罪的内容を持っているのです。

 ヨーロッパ諸国の自動車メーカーは、この「エコ」カーが事故を起こした時のことも考慮して開発し作られています。

 何故かと言いますと、エコカーは、高電圧なバッテリーを搭載しています。
 このバッテリーが事故で損傷するようなことがあると、救助しようとする人たちにも、高圧感電と言う二次災害を引き起こしてしまうのです。

 救助しようとして、ドアーに手をかけた途端に、感電してしまうのです。車体にちょっと触れただけで感電する危険性が在るのです。

 それによる、燃料・ガソリンの爆発も充分に考えられるのです。

 ですから、メルセデス・ベンツも、ボルボも、衝突時の、このバッテリーを保護する為の、堅牢なケージの設計に力を入れているのです。

 トヨタはなんと云っているのでしょう?
 「そんな、大事故はふつう起きない」。

 この無責任ないい分、貴方は許しますか?

 トヨタは、実はもう、バッテリーの保護、そのことをちゃんと考えて、最強な設計図も出来ているのです。
 
 でも、それが、売れなくなる最低条件、エコカーの世界的安全基準に成らない限り、実際に自動車としてユーザーに渡さないのです。

 今のままで通り過ぎれば、その方が大儲け出切るからです・・・

 きっと云います「エコカーのバッテリー保護、これこそトヨタが世界に誇る安全基準」なんて・・・

 今日の、遅れたリコール発表にも、トヨタの嫌らしい、最低で、最悪で犯罪的なトヨタという企業の質を現しています。

|

« 私は、優しい人間でありたい・・・ | トップページ | 「沈まぬ太陽」を読んで。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私は、優しい人間でありたい・・・ | トップページ | 「沈まぬ太陽」を読んで。 »