« 私は秘書に成りたい・・・ | トップページ | わたし達が、しょうがないと思わされていること、そこに心が疑問を持てば、わたし達の未来は必ず拓けます。『現象』-1- »

2010年2月 7日 (日)

トヨタが、リコールと同時にアメリカ部品メーカーの名前を異例な公表。「我が社のせいではない!」と云いたいのか・・・

 ブレーキが利かないのは、お客のフィーリングの範囲で、問題ない。

 ブレーキ作動装置の切り替えの間に、1秒ほど、ブレーキが利かない瞬間が存在する事は認めたものの、それを、運転者の「フィーリング」で済ませるとことが出来ると思っていることに、現在のトヨタの異常な経営姿勢を私はみます。

 1秒間、ブレーキが作動しないと、時速20キロのゆっくりした速度でも5.5メートル進むそうです。

 それなのに、フィーリングなんて云うのは、自動車メーカーとして、失格です。

 ところで、リーコールで部品メーカーが特定され発表される事は、極めて異例です。
 
 「同じように、部品メーカーで働く人間として、憤りを覚えます。日本国内で生産している車はトヨタ系列の会社製で問題はないが、悪いのは海外の部品メーカーのものだ、と云わんばかりの対応です」。

 「海外部品でアメリカ向けの車を作る際でも、トヨタサイドで営業をかけ、図面も仕様書も、トヨタサイドで承認を受けているはずです。ですから、トヨタは部品メーカーを責める事は出来ない」。

 更に、このメーカーは日産、ホンダ、三菱などのペダルを供給していますが、そこでの問題は明らかになっていません。
 
 最初から問題に対して、真正面から問題の本質を見極め対策を講じようとする姿勢が全く在りません。

 『いかに、収益にダメージを与えずに済むか?』

 『いかに、我が社の責任を出来るだけ回避出来るか』

 トヨタはこれまでも、安全に対して無責任な会社でした。
 利潤追求だけが企業目的の、モラルの何も無い会社でした。
 
 世界的に、その一端が、知れ渡りました。

|

« 私は秘書に成りたい・・・ | トップページ | わたし達が、しょうがないと思わされていること、そこに心が疑問を持てば、わたし達の未来は必ず拓けます。『現象』-1- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私は秘書に成りたい・・・ | トップページ | わたし達が、しょうがないと思わされていること、そこに心が疑問を持てば、わたし達の未来は必ず拓けます。『現象』-1- »