« 「沈まぬ太陽」を読んで。 | トップページ | 石川議員の「私は辞職しません。地域の代表として頑張る」発言を批判します! »

2010年2月 9日 (火)

石川議員の開き直りと、自民党・公明党が叫ぶ「辞職要求」は、疑惑隠しの表と裏です。

 大体から、自民党と公明党は『疑惑を許さない』ような態度をとる資格が最初から全然在りません。
 何故なら、疑惑を必ず招く、当然国民が疑惑を感ぜずにはいられない、企業献金を「企業の社会的活動」なんて屁理屈を付けて、許し認め、国民の、不正は許せないという想いを利用して、企業献金の廃止を前提に政党助成金制度を発足させたにも拘らず、企業献金は一貫して何の規制もして来なかったのです。

 にも関わらず、そんなこと云うのは、図々しい態度です。

 民主党の態度は、勿論、絶対許せない態度です。

 国民から幹事長や議員などが強い疑惑を持たれたのなら、責任ある政党ならば、国民に判るように、きちんと説明すべきです。

 多くの国民が疑惑を抱くに当たっては、当然情報を知ることからはじまるのは当然です。
 
 ですが、疑惑を持たれた本人が、国民の情報源であるマスメディアの報道が「偽りの元」などと喋っては変です。
 マスメディアが、当然報道し、そのマスメディアに対しての説明も当然報道される立場にある人たちです。
 わたし達のような一般国民は、一方的報道に対していくら、「能弁」に反論しても報道なんかされません。
 報道だけが、国民の中に、真実味をもって語られるでしょう・・・

  
 本人が国民にちゃんと理解できる説明をすることが、この人達の絶対必要な責任です。
 その説明は、間違いなく必ず報道され、国民に届くのですから、政権党の幹事長・議員でしょうに・・・

 いくら説明しても、国民が、報道の歪みで理解しない。そんなの、云い逃れでしか在りません。
 この人たち、国民はその程度のお馬鹿と思っているのでしょか・・・

 その、国民の思いの力で政権を獲った民主党の幹事長や議員の云う言葉では在りません、報道のせいなんて・・・許せませんね。

 さて、自民党と公明党の威勢の良い「議員辞職勧告」提出。

 これ、問題の議員を早く辞職させて、問題を長引かせない、国会の責任を一刻も早く放棄することが真の狙いです。国会で、疑惑の根本的問題、企業献金の害悪が明らかにされることを嫌って・・・
 その思いは、民主党の疑惑の本質を、「国会では解明しない、司直の判断を待つ」姿勢と同じです。

 国会で、国政調査権を発揮して、国民の抱く疑惑に対して調査することは、国会の責務です。
 それも、特別公務員として憲法で特別な権利まで保障されている人々の疑惑は、率先して国会が究明するべき事です。それでこそ、憲法に規定された特別公務員の本来在るべき姿勢です。検察は、法的違反だけの追求です。国会は、特別公務員としての自らが置かれている国会議員の立場から、政治家としての道義的責任を問うべきでは在りませんか。
 
 昔から、それ程昔では在りませんが、60年安保闘争以来、日本では、一見、『立場』と『意見』が相『反』するグループを存在させて、その『対立』に国民の関心を集めさせ、国民要求の本当の解決の道から遠ざける、そんな方策が結構国民的『意見』を作り出す上で、大きな『影響力』を発揮してきたので、今でもとられています。

 その、現象としての表れが、今回の「即刻辞職」勧告決議提出です。

 国民が、民主党と自民党・公明党の「対立」を面白おかしく眺めていると、結局馬鹿を見ますよ・・・

 

 

|

« 「沈まぬ太陽」を読んで。 | トップページ | 石川議員の「私は辞職しません。地域の代表として頑張る」発言を批判します! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「沈まぬ太陽」を読んで。 | トップページ | 石川議員の「私は辞職しません。地域の代表として頑張る」発言を批判します! »