« 消費税増税論が再び顔をだし、個人献金は「日本に根づいていない」発言が公然と表明される中、わたし達はまた騙されてよいのか。 | トップページ | 長嶺さんへのコメントを、記事にします。私の「芸」への想いが充分出ていると思いますから・・・コメントを見て頂きたいと思います。 »

2010年2月 4日 (木)

グーグル問題に見えるように、「社会主義を目指す国」の、凡そ「非凡」な対応は問題です。

 普通、非凡なる言葉は、「凡人」的発想をしないことを指す優れた人を表す言葉の代表です。

 二十世紀に誕生した「社会主義を目指す国々」は、『本家・本元』と自認していた旧ソ連を始め、論外な世界的無法国家・北朝鮮を含め、資本主義国に住むわたし達の苦痛と苦難を置き去りにして、勝手な政策を実行し、世界の人々の「社会主義も選択枝として考えてよいのではないか」」という切実な思いに対して、全く逆行する「そんな社会は嫌だ」という想いを資本主義諸国の人々に植え付けてきました。

 私を含め、圧倒的多くの日本人が、誰でもが、個人のブログがいつの間にか『消えてしまう』ような社会を望みません!

 自分の主張も出来ない社会は嫌です!

 この「社会主義を目指す国」と言う規定は、日本共産党が提起し、規定した言葉です。

 その通りだと私は思います・・・
 
 その国の指導者が「我が国は社会主義国家だ」と云っても、日本共産党は独自の判断で「社会主義を目指す国」と言う規定をしました。

 そのなかで、旧ソ連崩壊時、歴史を逆流させた「巨悪の根源の解体を歓迎する」と指摘した日本共産党の声明は、今でも新しい心の在り方ではないでしょうか?決して、大きな権威のどの様な圧力が在っても、心を曲げないという・・・

|

« 消費税増税論が再び顔をだし、個人献金は「日本に根づいていない」発言が公然と表明される中、わたし達はまた騙されてよいのか。 | トップページ | 長嶺さんへのコメントを、記事にします。私の「芸」への想いが充分出ていると思いますから・・・コメントを見て頂きたいと思います。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 消費税増税論が再び顔をだし、個人献金は「日本に根づいていない」発言が公然と表明される中、わたし達はまた騙されてよいのか。 | トップページ | 長嶺さんへのコメントを、記事にします。私の「芸」への想いが充分出ていると思いますから・・・コメントを見て頂きたいと思います。 »