« 坪内逍遥なんて嫌いですね・・・長唄・新曲浦島のこと少し勉強して思いました。 | トップページ | わたしは、演奏は心だと思います。手の動かない演奏家の言い訳かも知れませんが・・ »

2010年3月 7日 (日)

わたし達日本人は、アメリカの野生生物以下であることご存知でしたか?それも安保条約の結果です。

 アメリカでは、アメリカ軍は公表されているルートしか飛行訓練出来ません。

 そのルートの設定もアメリカ連邦航空局の許可なしでは出来ません。
 それには条件が決まられています。

  1。歴史的建造物や野生生物への環境評価を行なう。
  2。住民生活や財産などへの厳格な審査を行なう。

 それで認められて、はじめて訓練飛行が出来るのです。

 では日本はどうなのか?

 全土基地方式を許した60年安保条約改定によって、何の規制もなく、アメリカ軍は飛びたいところをいつでも自由に飛べるのです。
 「野生生物」への環境評価も在りません。
  
 わたしがここで言う「野生生物」にはわたし達も含まれています。
 わたしの住む前橋で、殆ど毎日繰り返されるアメリカ軍戦闘機の訓練は、日米安保条約によって、自由なのです。

 成田国際航空の近くには、アメリカ軍訓練空域が在ります。
 何故、成田空港の近くには、「限定」された訓練地域が在るのか、お前がさっき言った全土基地方式と違うじゃないか?などと云いたい方にお応えします。

 日本の国際空港のそばだけは、訓練空域を限定しているだけです。
 何故ならば、日本の国際空港の回りも、無制限なアメリカ軍の自由な訓練空域を設定すれば、世界的に、日本に於けるアメリカ軍の横暴を、世界中にひろめてしまうからです。

 実際に、成田空港では、アメリカ軍の訓練空域を避けて、離発着しているのです。

 アメリカ本国では、野生生物の環境評価も考えて、飛行ルートさえ決められるのに、わたし達の日本では、飛行ルートだけでなく、アメリカ軍ジェット戦闘機の急降下訓練を含めて、自由勝ってに行なえるのです。

 これでも、日本は日米安保条約によって、日本の平和は守られている。わたし達の安全は安保条約なしでは在り得ない等と云うのなら、わたしは伺いたい。

 日本の米農家の自立を破壊し、野菜農家の生産活動を破壊したのも、安保条約です。
 アメリカの作物を輸入する、これは、日米安保条約の内容です。

 個人農営の良さを破壊し、大規模農業を作り出し、そこに、農業になんか関心も無い、金儲けこそ命の企業参加を規制緩和の名の下、推し進めているのも自民党と公明党の政策でした。その本質に気づいた農家が今、どんどん増えています。農家の自民党離れは、もう止めようの無い象徴的現われです。

 地球上で、農産物を生産できる地域は、当然限られています。
 ですから、わたし達は、世界に生きる人間として、世界中の人々が食べられるだけの食物を生産しなければいけないと思うのです。

 農産物の生産に適していない地域では、その地域独特のもの作り出せば良いと思います。

 それも不可能な地域では、例えば自然の動物達を育て、彼等を世界中の人々に紹介すれば良い。

 それも不可能な世界では、人間が生きていく知恵を示してくれれば良いと思います。

 わたし達は軍事同盟なんかに頼らないで、宇宙の生命が、地球上の命が、人々が、みなそれぞれに幸せに生きる道を歩き出しましょうよ・・・

 現在の日本の歩き方は、大きく間違っています・・・絶対に。

|

« 坪内逍遥なんて嫌いですね・・・長唄・新曲浦島のこと少し勉強して思いました。 | トップページ | わたしは、演奏は心だと思います。手の動かない演奏家の言い訳かも知れませんが・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 坪内逍遥なんて嫌いですね・・・長唄・新曲浦島のこと少し勉強して思いました。 | トップページ | わたしは、演奏は心だと思います。手の動かない演奏家の言い訳かも知れませんが・・ »