« 「喉もと過ぎれば熱さ忘れる」と言われるが日本人は酷すぎる。民主党に愛想を着かした国民が、今度は『みんなの党』に雪崩をうつのか。 | トップページ | 普天間基地無条件返還をアメリカに求めると何がどうなると云うのか?日本国民は真剣に考えたこと在るのか? »

2010年4月 5日 (月)

死体から蛆が湧き出るように1抜けた・2抜けた、こんな無責任自民党に日本では60年以上政権を持たせていたことを、国民は自ら恥を知らなければ成らないと思います。

 間違っても何でも60年以上政権を担当していた自民党から、それも、昨日今日入党したのではない「大物政治家」が、ぞろぞろ蛆虫が死体から這い出るように離党していく。

 自民党が壊れていくのは全然構いませんが、そこから出て来る人たちが私には蛆虫に見える。

 普通の人はきっと蛆虫お嫌いでしょ?

 可愛がって育てようとは思いませんでしょ?

 この蛆虫みたいな人たちは、これまで永年に亘って自民党の中枢にいたか、その御曹司としてそれなりに世間で顔を売って来た連中です。

 一体今まで、政治家として、あなた達は自民党に何故所属していたのか?

 政治家という職業を何故選んで生きてきたのか?

 わたし達は馬鹿にされているんです!

 自民党が沈没しだしたら、その船のまさに舵取りをしていた奴等が、真っ先に抜け出そうとするような、こんな禄でもない人間に税金を分け与え、生き長らえさせてきたのは、日本の有権者です。

 なにも見抜けず、何も気付かず、憲法に保障された最大の国民の権利、選挙に於ける民主主義の一票を、どぶに捨てるように投じてきた国民の責任は当然問われて良い。国民の民主主義意識と感覚が腐りかけていたから発生した蛆虫達なのです。

 この蛆虫どもは、新たに、ハエに成る前に住む場所を作ろうとします。

 それを許すのも、許さないのもわたし達国民一人一人の意識です。
 わたし達が馬鹿ではいけないのです!
 蛆虫はもっともっと増えるのです。

 蛆虫たちが、いかにも蛆虫では無いような顔をして「政党」を作るのです。
 すると、また懲りない国民が一票を投げ捨てるのです。
 
 蛆虫に貴重な餌をあげるのです。

|

« 「喉もと過ぎれば熱さ忘れる」と言われるが日本人は酷すぎる。民主党に愛想を着かした国民が、今度は『みんなの党』に雪崩をうつのか。 | トップページ | 普天間基地無条件返還をアメリカに求めると何がどうなると云うのか?日本国民は真剣に考えたこと在るのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「喉もと過ぎれば熱さ忘れる」と言われるが日本人は酷すぎる。民主党に愛想を着かした国民が、今度は『みんなの党』に雪崩をうつのか。 | トップページ | 普天間基地無条件返還をアメリカに求めると何がどうなると云うのか?日本国民は真剣に考えたこと在るのか? »