« 岸信介、藤山愛一郎はアメリカに媚びへつらった、戦後のアメリカ従属政治を作り出した張本人です。60年安保条約の意味。 | トップページ | 「喉もと過ぎれば熱さ忘れる」と言われるが日本人は酷すぎる。民主党に愛想を着かした国民が、今度は『みんなの党』に雪崩をうつのか。 »

2010年4月 1日 (木)

足利事件と、国公法違反・堀越さん「事件」に共通する警察の在りかたと、国際的認識との乖離。

 堀越さんの「事件」は、憲法で保障された国民の『表現の自由権』に対する悪質な挑戦です。
 
 捜査・捜索・逮捕、全ての段階で違法な行為が繰り返されました。

 足利事件は、何も事件に関わりの無い菅家さんを、事件の犯人として逮捕し、裁判所も無期懲役を下した事件です。

 足利事件に対しては、今日、警察庁が報告書を出しました。
内容はDNA鑑定を過信したとか、自白を吟味しなかったとか、捜査官が菅谷さんの性格を捉えていなかったとか、こんなことが内容の柱です。

 堀越さん「事件」はどうか・・・
 堀越さんを逮捕するまで警視庁公安は一ヶ月かけました。
 
 一ヶ月間にも亘って何をしていたのか。
 尾行・ビラ配りの現場・芝居の観劇・居酒屋での様子・カラオケ店に入るところまで、全てを盗み撮りしていました。堀越さんが国家公務員で日本共産党員であることを知ったからです。

 この二つに共通する言葉は、犯罪者に仕立て上げようとしたら、必ず犯罪者にするという、警察機構の捻じ曲がった根本的思想です。

 事件から一年半後、現場の近くに住む菅谷さんの家に乗り込んだ警察は、被害女児の写真を菅谷さんに見せ、任意同行し「体液などの証拠が在る」「本当のことを云え」と12時間に亘って迫ったのです。

 堀越さん「事件」の場合は、この狙った堀越さんを必ず犯罪者に仕立てるという捻じ曲がった思想です。
 
 国連の自由権規約委員会は堀越さんが逮捕れ、起訴された四年後「政府に対する批判の内容を含むビラを郵便受けに配布する行為に対して、政治活動家や公務員が逮捕、起訴されたという報告に懸念を有する」とあらゆる不合理な制限をなくすように求めました。

 今日の警察庁の足利事件報告書を読んでも、堀越さん無罪判決が東京高裁で下されても、「俺達は間違っていない」と思考する偏った警察管は、今も作り出されているのです。

 堀越さんは日本共産党員だから潰して当然、俺達は間違っていない!
 菅谷さんは逮捕されたのだから、俺達は間違っていない!

|

« 岸信介、藤山愛一郎はアメリカに媚びへつらった、戦後のアメリカ従属政治を作り出した張本人です。60年安保条約の意味。 | トップページ | 「喉もと過ぎれば熱さ忘れる」と言われるが日本人は酷すぎる。民主党に愛想を着かした国民が、今度は『みんなの党』に雪崩をうつのか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 岸信介、藤山愛一郎はアメリカに媚びへつらった、戦後のアメリカ従属政治を作り出した張本人です。60年安保条約の意味。 | トップページ | 「喉もと過ぎれば熱さ忘れる」と言われるが日本人は酷すぎる。民主党に愛想を着かした国民が、今度は『みんなの党』に雪崩をうつのか。 »