« 日米密約の東京地裁判決は、歴史に名を残す素晴らしい判決です。 | トップページ | 親の子殺し・子の親殺し・無差別殺人、こんな非道な日本に誰がしたのか? »

2010年4月11日 (日)

井上ひさしさん75歳の死を心から悼みます。残念で仕方在りません・・・

 劇団こまつ座を主宰し、人間の暖かさを自在に表現してきた井上さん。

 芝居を愛し、その芝居をみんなが楽しめる世の中である為に、平和を愛した井上さん。

 もっともっと、芝居を作りたかっでしょう・・・

 もっともっと、平和の大切さを、みんなに伝えたかったことでしょう。

 全然及びもしませんが、私も井上ひさしさんの生き方に、ジャンルは違いますが、同じ舞台を作る人間として少しでも近づきたい願う気持ちを持ってきました。
  
 そんな井上ひさしさんの死は、私も含む多くの人々にとって、とてつもなく悲しい事実ですが、わたしは泣かない。
 わたし達が泣いている姿、きっと井上ひさしさん喜ばないと想うので・・・

 井上ひさしさん、安らかにおやすみ下さい・・・ 

|

« 日米密約の東京地裁判決は、歴史に名を残す素晴らしい判決です。 | トップページ | 親の子殺し・子の親殺し・無差別殺人、こんな非道な日本に誰がしたのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日米密約の東京地裁判決は、歴史に名を残す素晴らしい判決です。 | トップページ | 親の子殺し・子の親殺し・無差別殺人、こんな非道な日本に誰がしたのか? »