« 九万人沖縄県民大会、二人の普天間高校生の発言に、私は共感します。 | トップページ | 創価学会がテレビ番組の提供していることにビックリし、その番組、観たく無くなりました。『ここまでの放送は創価学会の提供でした』ですって。 »

2010年4月28日 (水)

検察審査会議決は当然です。20億円を超える莫大なお金を、『秘書任せ』にしたと云うだけでも政治家失格。まず議員辞職すべきです。

 昨日の夜、事情を知らずにテレビをつけたら、小沢幹事長が喋っている場面でした。
 背後に、目つきの悪い二人の人間が写っていました。

 「検察庁がちゃんと調査して、何もやましいことは無いと結論がでた。私は何もやましいことはしていません!」。

 この人余程、民主党にとって居なくては成らない大事な人のようで、一生懸命守っています。
 ですから尚更、民主党政府の支持率は、危険水域を超えて低く成っているのです。
 それでも守る・・・何かが在るのです。

 この人、国民に向かって何にも説明しません。
 無責任です。

 民主党もこの人に、国民に対する説明を求めません。
 無責任です。

 毎日の生活に追われ、やりくり算段している国民がたくさん居るのに、一円が足りなくて、レジで、買おうとした品物を一部返したりして生活しているのに、想像さえつかない大金、20億円ものお金を、「秘書任せにしていたから、事務的ミスだった」など、国民に対して失礼過ぎる!

 政治家は国民目線が無ければ、国民の為の政治は出来るはずが在りません。
 こんな莫大なお金の収支を、他人(秘書)任せに出来る、例え、いい訳であろうが、それで国民に通用すると思っているだけでも、本来、政治家失格です。国会議員を辞職すべきです。

 この人、ちゃんとした日本語の意味を知らないようです。
 この人が起訴されなかったのは、「何もやましい事はない」と検察庁が言ったわけでは在りません。
 不起訴の理由は「嫌疑不十分」でした。

 嫌疑は在るが、裁判を維持できるだけの「証拠不十分」が理由でした。
 それさえも、とぼける・・・

 検察庁はこれから、きちんと調査しろ、と私は主張します。

 公安事件・ビラ配り弾圧、国公法違反弾圧、そんなことに力を使わずに、『大物』の違法に立ち向かえ!

|

« 九万人沖縄県民大会、二人の普天間高校生の発言に、私は共感します。 | トップページ | 創価学会がテレビ番組の提供していることにビックリし、その番組、観たく無くなりました。『ここまでの放送は創価学会の提供でした』ですって。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 九万人沖縄県民大会、二人の普天間高校生の発言に、私は共感します。 | トップページ | 創価学会がテレビ番組の提供していることにビックリし、その番組、観たく無くなりました。『ここまでの放送は創価学会の提供でした』ですって。 »