« イギリス下院総選挙結果から見える、二大政党制と小選挙区制の重大な罠。 | トップページ | 学べば学ぶほど、海兵隊抑止力論の嘘が判ります。屈辱的・犯罪的主張です。真っ赤な嘘です! »

2010年5月 9日 (日)

アメリカ政府にきちんと物を言っている日本の政党はどこか?駐日アメリカ大使にも、アメリカ国務省では国務省・日本部長にも、日本国民の意思「普天間無条件返還」の必要性を伝えたのはどの政党か。アメリカ側に「今後も意見交換が必要だ」日本の政党代表も「今後も意見交換を続けましょう」と応じました。

 イスラム首脳会議に、オブザーバーとして、毎年招待されている日本の政党が一つだけ在ります。
 日本共産党です。

 サウジアラビアの国王が、「コミュニスト(共産党)を部屋に入れ、真近く対話をしたのは初めてだ」「これからも対話を続けましょう」と迎えたのは、日本共産党だけです。

 志位日本共産党委員長は7日、アメリカ国務省で、ケビン・メア国務省日本部長、多国間核安全部ジョナ・サンボア氏等と会談しました。

 『核兵器の無い世界』に向けて、核不拡散 条約再検討会議に当たって、会議主催者・国連関係者・各国政府代表団と会談し、再検討会議が『核兵器の無い世界』に向けた成果を収めるよう要請と会談を行ない、日本共産党の立場を記した要請文を手渡した事を伝え、次に、日米関係について、特に普天間基地問題を取り上げ「無条件撤去しか解決法は無い」と伝えました。

 志位委員長は「普天間基地を返還する代わりに、別の場所に『移設』すると云う方針は完全に破綻した」とまず指摘しました。
 そして「4月25日の沖縄県民大会には、県知事・県内41市町村長がすべて参加し、9万人が集まって『普天間基地撤去、県内移設反対』の島ぐるみの総意が示された。
 この沖縄県民の総意は揺るがない」と強調し「鳩山首相が沖縄を訪問し『県内移設』という政府方針を伝えたが、これは火に油を注ぎ、沖縄県民の島ぐるみの団結をいっそう強固なものとする結果となった。
 わたしは4月21日、ルース駐日大使との会談で『沖縄の情勢は決して後戻りする事は無い限界点を超えている』と述べたが、それはいよいよ決定的なものとなっている。
 『県内移設』という方針は、県民の理解を得ることが絶対不可能な、展望の無い方針だ。移設先に名前が上がった鹿児島県・徳之島でも、島民の6割が参加して基地を拒否する姿勢を貫いている。もはや、沖縄県内はもとより、日本国内のどこにも『地元合意』が得られる場所は無い。普天間問題解決の唯一の道は、移設条件なしの撤去しかない」と述べました。

 それに対してアメリカ側は「日米安保条約に基づくアメリカ軍の存在は日本防衛と極東の平和と安定に貢献している、海兵隊の存在は抑止力として重要」と述べました。

 志位委員長は「抑止力というが、沖縄の海兵隊の展開先はイラク、アフガニスタンではないか。『このまま県内移設を押しつけるなら、沖縄の全ての基地撤去を求める』と宜野湾市長は県民大会で発言している。重ねて無条件撤去しか道は無い」と強調しました。

 さらに「県民の怒りの根源には、凄惨な地上戦を体験し、占領時に土地を強奪されたうえ、65年に亘る基地の重圧の下で、痛ましい事故や事件が繰り返された歴史的な痛みの蓄積がある。かつての沖縄の本土復帰は、沖縄と本土の運動を踏まえサンフランシスコ条約第3条の壁を越えての決断だった。返還に到る過程でアメリカ側も『後戻りできない点』に到っている事を認識した。わたし達は、今まさに同じような決断が求められる歴史的岐路に立ち至ってと考える」と述べたのです。

 志位委員長は最後に「わたしは、アメリカの独立革命、民主主義の歴史的伝統に深い敬意を持っています。日米両国・国民の本当の友好の発展を強く願っています。今日の発言もその立場からのものです。リンカーン記念館にも、今日足を運びました」。

 アメリカ側も「見解が違っても意見交換するのは有益であり、民主主義の基本です。これからも出来るだけやりましょう」と延べ、志位委員長も「その点は同意します。今後も意見交換を続けましょう」と応えました。

 アメリカに面と向かって物を言える政党、日本には日本共産党以外在りません。
 民主党も、自民党も、公明党も、社民党も、その他大勢の政党も、これ程きっぱりとアメリカに物を言いません。

 ただ言いなりです。

 こんなていたらくな、根性なしの政党ばかりですから、アメリカに馬鹿にされてしまうのです。

 アメリカは、理不尽なことを日本に求めている事は百も承知なのです。
 でも、海兵隊を含む陸・海・空4軍を、日本に置いておいた方が、本国に居させるよりお金が掛からないのです。

 そういうところは正直なんですね、アメリカは。
 アメリカの政府高官がハッキリと「アメリカ軍は日本に居た方が、本国に置くより安上がりで助かる」と・・・

 ついでに記します。
 世界広しといえども、海兵隊を常駐させているのは、日本だけ。
 アメリカ軍4軍全てを駐留させているのも、日本だけ。
 ソ連の崩壊によって、世界のアメリカ軍は削減されました。
 お隣韓国では、以前より40パーセント在韓米軍は削減されました。
 日本だけは、そのままです。

 日本人で訳知り顔の愚か者は、野蛮な北朝鮮の危険を「テボドン」「テボドン」とことさら騒いでいますが、国境を接する韓国からアメリカ軍は4割も削減したのです。

 ご存知無かったでしょ・・・・

|

« イギリス下院総選挙結果から見える、二大政党制と小選挙区制の重大な罠。 | トップページ | 学べば学ぶほど、海兵隊抑止力論の嘘が判ります。屈辱的・犯罪的主張です。真っ赤な嘘です! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イギリス下院総選挙結果から見える、二大政党制と小選挙区制の重大な罠。 | トップページ | 学べば学ぶほど、海兵隊抑止力論の嘘が判ります。屈辱的・犯罪的主張です。真っ赤な嘘です! »