« 鳩山首相は即刻退陣すべきです。無責任過ぎます!民主党の責任も同じです。でも、自民党・公明党等が非難するのも無責任の極みです。 | トップページ | アメリカ政府にきちんと物を言っている日本の政党はどこか?駐日アメリカ大使にも、アメリカ国務省では国務省・日本部長にも、日本国民の意思「普天間無条件返還」の必要性を伝えたのはどの政党か。アメリカ側に「今後も意見交換が必要だ」日本の政党代表も「今後も意見交換を続けましょう」と応じました。 »

2010年5月 7日 (金)

イギリス下院総選挙結果から見える、二大政党制と小選挙区制の重大な罠。

 100人の選挙民がいるとして、たった二十人からしか支持されていない政党が、政治権力を持ち、絶大な力を発揮できるなんて、およそ民主主義では在りません。

 今まで、イギリスでは『赤』がシンボルカラーの労働党と、『白』がシンボルカラーの保守党、この二大政党制でした。

 この二大政党制を維持するには、選挙制度としての小選挙区制が絶対不可欠です。

 現在の国民社会は、たった二つに代表される政党に、支持を集約できるほど単純な世の中ではありません。

 おまけに、この二大政党が、社会に対する根本的思想が同じで、本当にささやかな違いしか無いとすれば、例えれば現在の民主党と自民党程度の違いしか無いとすれば、一つの選挙区で一人か、二人しか当選しないような小選挙区制度では、多くの選挙民の意思が、殆ど議席に反映されないことに成るのです。

 イギリスでは、赤いシンボルカラーと、白いシンボルカラーが交代し在って、基本的には大きな違いの無い選挙を繰り返してきたのです。

 誰かが考え出した、およそ民主的でない小選挙区選挙制度は、二大政党に大した違いが無ければ、考え出した誰かの利益に成る制度なのです。選挙という民主的顔を持ちながら・・・

 日本で小選挙区制度を取り入れようとずっと企んでいたのは自民党でした。
 その頃は、二大政党までは考えませんでした。絶対優位に立ちたかっただけです。

 その自民党が、余りにも金権腐敗政治をばら撒き、国民の生活を省みない政治を続けた為に、国民から完全に見放される危険を察知した頭の「良い」財界が、二大政党制を打ち出し、自民党のように、自分達の利益を完璧に守るもう一つの政党を作り出そうと考えて民主党を作ったのです。

 ですから、民主党は盛んに比例代表制度を限りなく少なくし、いずれは全て小選挙区だけにしようと、主張しているのです。政党が政権を狙うのは当然ですが、民主党は、あからさまに「我々が今度は政権を担い、次は自民党が政権を担うように、自民党がしっかりした政党に成る事を願っている」ですって・・・

 選挙は、政党の陣取り合戦のようなゲームでは無いのです。

 切実な生活が懸かり、日本の平和と行く末を懸けた、重要な国民の選択の機会なのです。

 わたし達は、この二大政党礼賛論、その絶対必要条件・小選挙区制度礼賛論に騙されてはいけません。
 マスメディアを含め、わたし達が眼にし、耳にすることは、その殆どがこの礼賛論です。

 でも、わたし達は自らの頭を使いましょう。
 どんな、有名な学者・テレビでよく見かける評論家が、たとえ何を云おうが、自分の頭を使い、将来に後悔しない判断をしましょう。

 多くの皆さんが期待した鳩山内閣の支持率はもうじき20%を割るでしょう。

 多くの皆さんのお選びに成った政権がです・・・

 また、同じような感覚で「みんなの党」にでも、今度はしますか?

 

|

« 鳩山首相は即刻退陣すべきです。無責任過ぎます!民主党の責任も同じです。でも、自民党・公明党等が非難するのも無責任の極みです。 | トップページ | アメリカ政府にきちんと物を言っている日本の政党はどこか?駐日アメリカ大使にも、アメリカ国務省では国務省・日本部長にも、日本国民の意思「普天間無条件返還」の必要性を伝えたのはどの政党か。アメリカ側に「今後も意見交換が必要だ」日本の政党代表も「今後も意見交換を続けましょう」と応じました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鳩山首相は即刻退陣すべきです。無責任過ぎます!民主党の責任も同じです。でも、自民党・公明党等が非難するのも無責任の極みです。 | トップページ | アメリカ政府にきちんと物を言っている日本の政党はどこか?駐日アメリカ大使にも、アメリカ国務省では国務省・日本部長にも、日本国民の意思「普天間無条件返還」の必要性を伝えたのはどの政党か。アメリカ側に「今後も意見交換が必要だ」日本の政党代表も「今後も意見交換を続けましょう」と応じました。 »