« 創価学会がテレビ番組の提供していることにビックリし、その番組、観たく無くなりました。『ここまでの放送は創価学会の提供でした』ですって。 | トップページ | ギリシャ・アテネの15万人大デモンストレーションをぶち壊そうとした『過激派』なる者達の反国民性。日本での『過激派』が果した役割と全く同じ。 »

2010年5月 5日 (水)

鳩山首相が理解を求め、交渉すべき相手はアメリカである。それが出来ないなら、即刻退陣するべきです。膝の痛みがひどければ、それではくるぶしに・・・そんな対処は対策に成りません。

 鳩山首相は沖縄に行って「学べば学ぶほど、沖縄の米軍の存在全体の中での海兵隊の役割を考えたとき、全て連携している。その中で抑止力が維持できるという思いに到った」と、名護の稲嶺市長に語りました。

 稲嶺市長は語ります。
 「『沖縄県民に負担をお願いしなければならないことになる』とお話しがありましたので、再び辺野古に戻る事は絶対許されませんと申し上げた」。

 鳩山首相はいったい何を学んだのでしょう。

 ハッキリしている事は、沖縄駐留アメリカ軍海兵隊の役割が、沖縄県内で全て連携していること。

 だから、沖縄県以外の場所は不可能だ。学んだ結論です。

 一体全体、鳩山首相は、アメリカ軍海兵隊のことを知っているのでしょうか。
 
 そしてわたし達国民も、アメリカ軍海兵隊のことを知っているのでしょうか。

 鳩山首相は当然知っています。
 殆どの国民は知らされていないでしょう。
 ただただ「日本を守ってくれている」とか思わされているのです。

 アメリカが敗北したベトナム戦争。
 アメリカが10年以上闘っても、いつまで経っても勝利できないアフガン戦争。
 アメリカがまだ干渉し続けるイラク戦争。

 ベトナム戦争でも、アフガン戦争でも、イラク戦争でも、どの戦争も当事国の多くの民間人が殺され、傷つき、心に取り戻せぬ深い傷を負ってきました。
 アメリカの若者もたくさん死に、傷を負っています。

 これらの戦争をアメリカは、日本の海兵隊沖縄基地、全国の基地が無ければ戦えなかったのです。
 
 旧ソ連がまだ存在してい時、ソ連が極東基地に配備した中距離ミサイルは、どこを狙っていたのか。
 ソ連軍将校が指し示した場所は、沖縄県でした。

 アメリカ軍海兵隊は、平和を守る軍隊では在りません。
  
 敵地に、正面からはアメリカ陸軍・海軍・空軍が迫り、その間に、背後から急襲するのがアメリカ軍海兵隊です。
 
 ですから、殴りこみ部隊と言われているのです。
 決して、戦争を抑止する部隊ではないのです。
 侵攻力を強める、特殊な部隊なのです。

 断じて、平和を守る部隊では無いのです。

 そんなアメリカ軍海兵隊が、世界で唯一司令部を置き、海兵隊基地を置いているのが日本の沖縄なのです。

 わたし達国民が、もっとしっかりしていれば、あのベトナム戦争も・アフガン戦争も・イラク戦争もアメリカに起させなかったのです。

 わたし達がきっぱり意志を示せば、今、世界中で起こっているアメリカの戦争を食い止められるのです。

 そして、苦痛に満ち溢れた基地の町の苦しみを、なくせるのです。

 膝が酷く痛む人に、その痛みを解消する為に、くるぶしに痛みを移しましょう・・・

 そんな馬鹿げたこと、絶対許せません。

 沖縄県民の心と一体になって、痛みを同じように受け止めながら、わたしは訴えたい!

 

  

|

« 創価学会がテレビ番組の提供していることにビックリし、その番組、観たく無くなりました。『ここまでの放送は創価学会の提供でした』ですって。 | トップページ | ギリシャ・アテネの15万人大デモンストレーションをぶち壊そうとした『過激派』なる者達の反国民性。日本での『過激派』が果した役割と全く同じ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 創価学会がテレビ番組の提供していることにビックリし、その番組、観たく無くなりました。『ここまでの放送は創価学会の提供でした』ですって。 | トップページ | ギリシャ・アテネの15万人大デモンストレーションをぶち壊そうとした『過激派』なる者達の反国民性。日本での『過激派』が果した役割と全く同じ。 »