« 鳩山首相が理解を求め、交渉すべき相手はアメリカである。それが出来ないなら、即刻退陣するべきです。膝の痛みがひどければ、それではくるぶしに・・・そんな対処は対策に成りません。 | トップページ | 鳩山首相は即刻退陣すべきです。無責任過ぎます!民主党の責任も同じです。でも、自民党・公明党等が非難するのも無責任の極みです。 »

2010年5月 6日 (木)

ギリシャ・アテネの15万人大デモンストレーションをぶち壊そうとした『過激派』なる者達の反国民性。日本での『過激派』が果した役割と全く同じ。

 大体から、『過激派』なんていい加減な表現をしたのは、マスメディアです。

 当の『過激派』たちは、「革命的何々派」とか「共産主義者何とか」とか、確かに反体制派的に聞こえる名前を自らの集団に付けていましたが、「過激派」なんて云っていませんでした。彼らを在る意味おだてたのは、マスメディアであり、資金提供して活用したのは体制側の黒幕でした。

 利用され、それにひょこひょこと乗っていったのは、『善良な』若者達でした。

 最近、解決の糸口がやっと付いたJR採用差別問題、国労(国鉄労働組合)の組合員を不採用にした問題ですが、当時の動労(国鉄動力者労働組合)と言えば、「勇ましい事」「過激な事」、泣く子も黙る最たるものでした。

 でも、新会社JRは、何故か動労の組合員はみんな採用して、国労の組合員だけを差別して採用しなかったのです。

 動労は、その直後解散し、いまや、労働組合の連合体「連合」のもと、まあおとなしいこと。

 これが日本に於けるいわゆる『過激派』の実態ですが、ギリシャでも、同じ役割を果しています。

 ニュースを見たわたし達は、「なんて乱暴な酷い事を!」と感じます。

 デモ自体に、嫌悪感を感じてしまいます。

 それこそが、『過激派』の役割です。

 

|

« 鳩山首相が理解を求め、交渉すべき相手はアメリカである。それが出来ないなら、即刻退陣するべきです。膝の痛みがひどければ、それではくるぶしに・・・そんな対処は対策に成りません。 | トップページ | 鳩山首相は即刻退陣すべきです。無責任過ぎます!民主党の責任も同じです。でも、自民党・公明党等が非難するのも無責任の極みです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鳩山首相が理解を求め、交渉すべき相手はアメリカである。それが出来ないなら、即刻退陣するべきです。膝の痛みがひどければ、それではくるぶしに・・・そんな対処は対策に成りません。 | トップページ | 鳩山首相は即刻退陣すべきです。無責任過ぎます!民主党の責任も同じです。でも、自民党・公明党等が非難するのも無責任の極みです。 »