« 法人税減税を決めておいて、そして『社会保障の財源が無いから消費税増税を』という管民主党政府と、懲りないマスメディアの権力追随性の犯罪的役割。 | トップページ | パナソニックの新規採用の実態を初めて知って驚愕したことと、就職大氷河期は日本政治の二つの根本的誤りが原因です。これを正さなければ未来は在りません! »

2011年1月15日 (土)

財界と意気投合した「最強」内閣。『国民生活が第一』と云って国民を騙した最悪内閣、管内閣。

 経団連の会長まで出席した民主党大会。

 一年ちょっと前の選挙で「国民生活が第一」と叫んでいたのは、嘘だったのです。
 更にマニフェストの見直し作業を進める事を発表して国民に対する約束はチャラ・・・
 その理由もふるっています。「国民に嘘を付く事はできないから」ですって・・・・

 マニフェストなる聞き慣れない言葉を世に流行らせたのは民主党でした。
 何故流行らせたかが解りました。

 政党が長い目でどんな日本を目指しているのか、それを文章として記したものが綱領です。

 その綱領に賛成し、同じ志を持った人々が結集して政治結社を成す、それこそが政党の政党たる在り方です。

 その綱領を持てない政治集団は本来政党を名乗る事さえ恥ずかしいことなのですが、何故か日本では政権党にまで成りあがってしまえる・・・

 何の為に集合するのか本音が違う人々が集ってしまった・・・・
 でも鳩山由紀夫氏は民主党結党時に「自民党から離れた票を、日本共産党にいかせない為に民主党を結成する」とはっきり云っていました。

 その結党する時に本当は、「我々は日本の政治が日本共産党の影響を少しも受ける事なく、戦前は鬼畜としていたアメリカの力に縋り、何が在っても仲良くして頂き、日米同盟を日本の何事に於いてもの基軸とすること、同時に戦前からの伝統を引き継ぎ我が国の財界の利益を守る、その志の下民主党を結成する」とでも綱領を作るのが当然なのです。

 私が作った綱領草案、何か疑問が御ありですか・・・・?

|

« 法人税減税を決めておいて、そして『社会保障の財源が無いから消費税増税を』という管民主党政府と、懲りないマスメディアの権力追随性の犯罪的役割。 | トップページ | パナソニックの新規採用の実態を初めて知って驚愕したことと、就職大氷河期は日本政治の二つの根本的誤りが原因です。これを正さなければ未来は在りません! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 法人税減税を決めておいて、そして『社会保障の財源が無いから消費税増税を』という管民主党政府と、懲りないマスメディアの権力追随性の犯罪的役割。 | トップページ | パナソニックの新規採用の実態を初めて知って驚愕したことと、就職大氷河期は日本政治の二つの根本的誤りが原因です。これを正さなければ未来は在りません! »