« 共産党なんか大嫌い!と言う方、是非前回の私の記事だけは見て欲しい・・・ | トップページ | 地震災害から身を守るのは自己責任、と、地震は自然災害だが地震による災害を未然に防止し、最小限にとどめる、と、どちらがわたし達にとって最良でしょう。 »

2011年3月26日 (土)

原子力安全・保安院は許せない機関です。私は電話で聞きました。「我々の機関は何のモニタリング調査もしていません」ですって。東電が届けた報告を発表するだけだそうです。東電に対して強制的報告を求める権限も無いそうです。

 原発事故以来、原発事故の説明に出ている原子力安全・保安院の記者会見にわたし達は一喜一憂していましたが、私は原子力安全・保安院の広報室に今しがた電話をして良く話を聴きました。出た人はK氏です。

 驚きました!原子力安全・保安院は自らは何も調査が出来ないのです。

 東電からの報告を聞き、それを発表するだけなのには驚きと、怒りを禁じえませんでした。
 それも、東電が例え情報を得ても、原子力・保安院に一刻も早く通報することは義務付けられていないのです。
 いくらでも、情報操作が出来るのです。

 だからこそ、日本共産党は第三者機関に重要な権限を与えて中立な立場で全ての英知を総結集して対処すべきだと提案してきました。

 その提案に政府は及び腰でした。
 今でも、何時までも原子力安全・保安院に記者会見せさせています。 ですから、先ほどの記事で記しましたように日本政府の対応は、世界から見れば異常に見えるのです。

 原発を推進してきた勢力と独立した、第三者機関、原子力安全委員会を中心に、ありとあらゆる専門家の英知を集た対策が絶対必要な国民に覆いかかった重大な危機であることは誰の目にも明らかです。

|

« 共産党なんか大嫌い!と言う方、是非前回の私の記事だけは見て欲しい・・・ | トップページ | 地震災害から身を守るのは自己責任、と、地震は自然災害だが地震による災害を未然に防止し、最小限にとどめる、と、どちらがわたし達にとって最良でしょう。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 共産党なんか大嫌い!と言う方、是非前回の私の記事だけは見て欲しい・・・ | トップページ | 地震災害から身を守るのは自己責任、と、地震は自然災害だが地震による災害を未然に防止し、最小限にとどめる、と、どちらがわたし達にとって最良でしょう。 »