« 前原外相の辞任から、わたし達が『おかしい』と感じなければ成らない「献金」の意味。 | トップページ | 福島原発三号機が、何故一番危険なのか報道しないマスメディアと政府の無責任さ。三号機だけがプルサーマル原子炉なのです! »

2011年3月16日 (水)

東北関東大震災、原発災害の真っ最中に、統一地方選挙全国的延期を拒否した民主党・自民党・公明党は人間としての当然の感覚が無い国民の敵です!

 日本国民の圧倒的人々が、被災地の人々を心配し、心から何か支援が出来ないかと思いつめている今、被災地を除いては、統一選挙を行なうと閣議決定しました。

 現在わたし達は未曾有の災害に有っています。
 直接の被害地域でなくても全国の国民の多くが、一人でも助かって欲しい!
 何かわたし達でも今出来ることは無いか?と真剣に思いを巡らしています!

 こんな時に、これこれから先四年間の地方政治の方向を決める重大な選挙を迎える事が出来ますか?

 選挙に成れば、選挙戦が始まります。

 今、選挙戦なんかしている暇ありますか?
 選挙に対する全てのエネルギーも、国民が持っている全ての力を災害に対して傾注するのが当たり前ではないでしょうか・・・・
 それが当たり前の感情ではないでしょうか?
 人間としての当然の感覚ではないでしょうか?

 私は公明党本部に電話をしました。
 「何故、全国的延長に対して『如何なものか』などと公明党は主張したのか?」とききました。
 そのこたえは「物理的に出来る地域があるから」です。

 何故国民だけでなく、世界中から必至に支援隊が救助に駆けつけているときに、本当に何故今しなければ成らないのか?

 今選挙をしなくても、何にもこまることは無いのです!

 国民の暮らしにとって大切な地方選挙だからこそ、国民がちゃんと考える状況になってからでも、何も国民にとって不自由は無いのです。

 物理的に選挙が出来るからといって、選挙を実施しようというのは、党利党略だけです。

 日本共産党は全党を挙げて、被災者支援の為に活動をしています。
 今選挙戦に突入しても、選挙選に全力を挙げることは出来ません。

 そこに、本当に国民の苦難に寄り添って闘う日本共産党の本当の姿が在るのです。

 投票率がいくら低かろうが、選挙は議員を選びます。
 
 私は、この日本が今まで襲われたことの無い、二重の災害、震災と原発の恐怖を抱えている今、選挙をしようなんて絶対思いません!それが人間としての普通の、当然の思いだと思います!

 

 
 

|

« 前原外相の辞任から、わたし達が『おかしい』と感じなければ成らない「献金」の意味。 | トップページ | 福島原発三号機が、何故一番危険なのか報道しないマスメディアと政府の無責任さ。三号機だけがプルサーマル原子炉なのです! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 前原外相の辞任から、わたし達が『おかしい』と感じなければ成らない「献金」の意味。 | トップページ | 福島原発三号機が、何故一番危険なのか報道しないマスメディアと政府の無責任さ。三号機だけがプルサーマル原子炉なのです! »