« この非常時でも国旗にお辞儀をする日本政府の異常! | トップページ | 一切報道されない『プルサーマル』原子炉とはどのようなもので、誰が推進して来たのか。 »

2011年3月20日 (日)

二重・三重の原発安全神話と同じように、現在の二重・三重の情報隠しは明らかです。

 共通する事は、国民に情報を正確に明らかにしないことです。

 事故を起こした東京電力が何時までも情報提供者になっています。
 原発を国を挙げて推進してきた経済産業省の一機関、原子力保安院が相変わらず全面に出て情報を出しています。

  政府や、東電と離れた第三者機関、日本原子力安全委員会にきちんと権原を委譲し、対策の本体にすることを全然しません。

 アメリカやユーロ諸国では、今回の非常時に対して、その国のまさに、日本日本原子力安全委員会に当たる機関が色々な検証をし、80キロ圏内避難措置、国外退去を含めた様々な対応をしています。
 この対応は過剰なのか?

 福島原発の側に暮らす大地震被災者を含め、大くの国民が危機感と不安を持っています。

 ニュースで流れる情報に、何か変だと思っている国民は多い・・・

 何故多いのか?

 芸人である私でも出来るような「解説」をする「学者」。
 質問をはぐらかす官房長官記者会見。
 
 今現在、たった今、官房長官が云いました。
「良い情報は直ぐ出すが、悪い情報はゆっくりとだす」。

 今、わたし達は絶対楽観等できない重大な危機を目の前にしています。
 それは自覚しましょう。

 地震直後は大変な、重大な惨状に目を奪われました。

 その直後、福島原発の核収納容器の異変が伝えられました。

 それから暫らくは、この核収納容器の危険が報道されていました。

 それからは、使用済み核燃料プールの危険が報道されだしました。

 今は、このプールの報道ばかりに成りました。

 そこに大量の水を放水する事がニュースの全てに成りました。

 でも、核収納容器は安全な状態になっていた訳ではありません!

 一番恐ろしい核収納容器の問題は報道されず、ただただ、今日問題が明らかに成ったことだけを報道しているわけです。

 それは、わたし達が本当に知りたい現況を、私達には伝え無いということです。
 報道する時間はいっぱい在りすぎて、一日中同じ報道をしているのです。

 当事者・東電と原子力保安院から出された情報、それが全てとは絶対限らないのに、ただただ垂れ流しているのが現実で、現在の私達が知りえる情報です。

 最悪の事態がどれ程のことか?
 その時の為には何が必要か?
 
 大雑把により良い結果だけを想定して措置を出すのでは、私は無責任過ぎると思います。

 屋内避難を指示されている地域、20キロから30キロ範囲は本当に安全なのか?
 何故31キロは大丈夫なのか?
 
 これらの対応は、最悪の事態を想定して設定されるべきです!
 そうでなければ、大きなダメージがある被爆被害者を出す結果に成ります。

 最悪の予想を今云えば、今までの原発推進政策、今後の原子力発電推進政策が決定的ダメージを受けるから、ただただそれを避けたい一心で情報管理を勝手にしているのが今です。

 彼等はわたし達国民が、真実を知れば混乱状況に陥るであろうからと思って情報を隠しているのではありません。

 全然別の意味で、情報を正確に伝えないだけです。

|

« この非常時でも国旗にお辞儀をする日本政府の異常! | トップページ | 一切報道されない『プルサーマル』原子炉とはどのようなもので、誰が推進して来たのか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« この非常時でも国旗にお辞儀をする日本政府の異常! | トップページ | 一切報道されない『プルサーマル』原子炉とはどのようなもので、誰が推進して来たのか。 »