« 「プロトニウム」検出を発表しながら、『他の土地で自然に在る数量なので問題ない』は本当か! | トップページ | 大地震予想外は嘘です。869年、仙台城も破壊した津波を『歴史上の地震』と云って予防対策を葬り去った東電。 »

2011年3月30日 (水)

東電社長の記者会見を聴いて・・・この人は何も謝罪していない!

 東電社長は記者会見の冒頭、国民へ『謝罪』の言葉を云いました。

 でも、この人は心から謝罪していないと私は感じました。
 何故なら、その直ぐ後に「福島第一原発の1号機から4号機は廃炉にせざるを得ないと思っている」と云ったのです。

 1号機から4号機までが廃炉に成るかどうかなんて、国民は誰も心配していない!

 国民が持っている最大の不安は、この破壊された原子炉が一体これからどうなるのか?
 それは、廃炉に成るのか、また使えるのかなんて問題では在りません!

 それさえ判らないこのが人が、本当の謝罪なんかしている訳あり得ません。

 補償問題に対しても、東電の全力を使って行なうとは云いませんでした。
 
 私は二兆円もの内部留保金(企業が色々な今後の使い道を考えた上でも余る資金)を持つ東電が、全面的に保障の全面に立つべきだと思います。

 これまで何万回と「原発は安全だ」と呪文の様に、ただただ何の根拠も無く国民に説明してきた東電・・・・

 

 

|

« 「プロトニウム」検出を発表しながら、『他の土地で自然に在る数量なので問題ない』は本当か! | トップページ | 大地震予想外は嘘です。869年、仙台城も破壊した津波を『歴史上の地震』と云って予防対策を葬り去った東電。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「プロトニウム」検出を発表しながら、『他の土地で自然に在る数量なので問題ない』は本当か! | トップページ | 大地震予想外は嘘です。869年、仙台城も破壊した津波を『歴史上の地震』と云って予防対策を葬り去った東電。 »