« 福島原発三号機が、何故一番危険なのか報道しないマスメディアと政府の無責任さ。三号機だけがプルサーマル原子炉なのです! | トップページ | プロ野球選手会の常識と、巨人・渡辺恒雄氏の非常識・・・ »

2011年3月19日 (土)

石原都知事「天罰」発言、米倉日本経団連会長「原発は大したもの、原発政策の見直し必要なし」発言。彼等を日本の『司令塔』にしていて良いのか。

 米倉日本経団連会長は「原発はたいしたものだ。千年に一度の津波にも壊されなかった。原発は今収束に向かっている。立派なものだ。原発関係者はもっと胸を張っていい」「日本の原発政策を変えるような必要は無い」。

 石原都知事は「これは天罰だ」「発言の撤回はしない。この状況をどのように思うか、その思い方の問題だ」。

 その後、石原都知事は発言を撤回しましたが、彼の根本的人間としての欠陥、彼の人間的発想の無さ、極めて冷たい、冷酷な人間性を現したこと意外に発言の本質を捉えることは出来ません。いくら撤回しても彼の本性は何も変わっていないのです。この人は都知事に成ったとたんに「最大の無駄は福祉費だ!」と断言した。そして、その後の都政で実施した政策は福祉を最大限に敵視した政策そのものでした。

 福祉だけでは在りません。
 都民の安全も徹底してないがしろにしてきました。
 具体的なことの一つの例は、東京直下型大地震の可能性、東海地震の可能性がまじかに迫ってきているにも関わらず、消防予算を削りに削り、一台の消防自動車を本来は5人の消防士が動かしてきたのですが、今や3人の消防士で稼動させる状況にまで追い込んできました。

 都内の保健所もどんどん削減しています。
 都立病院の縮小、削減も都民の安全を脅かしています。

 米倉日本経団連会長の発言は、今直面している日本全土、世界的危険さえ自ら捉えることも出来ない愚かさを端的に示しています。

 都知事は都民が選べますが、日本経団連の会長はわたし達が選ぶことは出来ません。

 でも、この日本経団連の主張を、そっくり政策として出しつづけるのが日本の自民党政治の、自公政治の、そして民主党政治の現実です。

 日本経団連が「自由な雇用を」と云えば、民主党は政権に付く前まで主張していた「非正規雇用の自由化反対」を簡単に投げ捨てました。

 日本経団連が「規制なき貿易協定を」と云えば、民主党政権は「食糧自給率50%への回復」をなた簡単に投げ捨て環太平洋自由貿易協定(TPP)参加を打ち出しました。

 日本経団連が「保育も市場に任せろ」云うと、民主党政権は保育に対しての国の責任を投げ捨てる、『小さな政府』論を利用しながら斬って捨てました。
 
 これ以外にも幾らでも記せます。でも、きりが無くてここでは記しません・・・

 ですから、選挙のマニフェストをまるっきり放り出した民主党政権に、国民の怒りと、落胆が集中しているのです。

 石原都知事は都民が選んだのです。

 今度の都知事選挙では、石原都政継承ではない本当の都民の為の知事を選ぶことが出来るか、東京都民の良識が、全国から注視されているのです。

 

|

« 福島原発三号機が、何故一番危険なのか報道しないマスメディアと政府の無責任さ。三号機だけがプルサーマル原子炉なのです! | トップページ | プロ野球選手会の常識と、巨人・渡辺恒雄氏の非常識・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 福島原発三号機が、何故一番危険なのか報道しないマスメディアと政府の無責任さ。三号機だけがプルサーマル原子炉なのです! | トップページ | プロ野球選手会の常識と、巨人・渡辺恒雄氏の非常識・・・ »