« 与謝野大臣の発想は、国民を信用しない極めて貧困な発想で許せません! | トップページ | 朝日新聞(26日付け)も報道した原発事故を五年前に国会で警告していた吉井英勝議員の質問要旨と政府の答弁。 »

2011年3月26日 (土)

首相が会見しても、原発事故で信頼できない政府と、『保安院』の発表。何故、夜に成っても朝の情報しか流れないのでしょう?

 今、誰も政府の発表や、『保安院』の発表を心から信頼してい無いでしょう。

 世界の報道も「日本政府は正確な情報を出していない」と懐疑的なコメントを出しています。

 「今すぐには健康に害をなさない数値です」。
 「予断を許さない状況に変わりは無い」。
 「原子炉は安定している」。

 本当に政府や、経済産業省の一機関『原子力・保安院』が、正確でいち早い発表をしているとは絶対思えません。

 何故なら、極めて重大な原子力事故なのに、色々なモニタリングを徹底してすると云いながら朝早くのニュースと同じ数値(朝の時点での)を発表するだけです。

 こんな発表ですむ事では無い筈です。
 こんな情報しかもし掴んで居ないのだとすれば、それはモニタリングでさえ、今日一日中、朝しかしていない事が明らかです。

 「予断を許さない」と云うけれど、「予断を許す」と最悪にはどのような状況が考えられるのかを一切話しません!

 ただただ、避難地域を拡大し、自主避難を云い出すだけです。

 わたし達日本国民だけでなく、世界中の人々にも大きな影響を与える重大な原発事故が福島で起きたのが現実なのです。
 ですから世界中が日本を注視しています。

 私はこのブログで何回も言いましたが、現在の日本の国民は、その真実を、実相を知ったからといって暴動なんか起こしません!

 ただ真実が知りたいのです。

 今のままでは、政府が緊急避難を発令する時は、多くの国民が重大な被爆被害を受ける時では無いでしょうか。

 

|

« 与謝野大臣の発想は、国民を信用しない極めて貧困な発想で許せません! | トップページ | 朝日新聞(26日付け)も報道した原発事故を五年前に国会で警告していた吉井英勝議員の質問要旨と政府の答弁。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 与謝野大臣の発想は、国民を信用しない極めて貧困な発想で許せません! | トップページ | 朝日新聞(26日付け)も報道した原発事故を五年前に国会で警告していた吉井英勝議員の質問要旨と政府の答弁。 »