« 石原都知事「天罰」発言、米倉日本経団連会長「原発は大したもの、原発政策の見直し必要なし」発言。彼等を日本の『司令塔』にしていて良いのか。 | トップページ | 「安全研究軽視が背景に・・・」元・原子力研究所職員・出井義男さんの発言(赤旗新聞から) »

2011年3月20日 (日)

プロ野球選手会の常識と、巨人・渡辺恒雄氏の非常識・・・

 プロ野球選手会は開幕延期を求めていました。

 今月25日開幕を強行しようとしていたセリーグに対して新井貴治会長(阪神)は「計画停電を行なう中でナイターをして良いのか、日本プロ野球組織(NPB)に訴える」と言いました。

 前選手会長の宮本慎也選手は「復興が見えたときに野球で勇気付けることはいいと思いますが、今野球で力をというのは、思いあがりだ」。

 阪神・金本知憲選手は「勇気を与えるとか、勇気をもらうとか、そういう状態ではないと思う」。

 このような意見に対して巨人・渡辺恒雄・球団会長は「俗説」と切り捨てました。

 どちらの意見が現在の国民の常識かは、もう明らかです。

 それにしても、日本経団連会長の発言、石原都知事の発言、渡辺氏の発言、どうしてこれ程国民の常識と乖離しているのでしょう。

 頭の中身を変えなければ成らないのは、戦前の教育を受けたまま、自分の思考を切り替えられないで、そのまま受け継いできたこの人たち、自分の生活に安住してきたこの人たちです。

 多くの国民は、戦後間もなく出来た「教育基本法」の下教育を受けてきました。
 でも、日本の『リーダー』達は「今の若者は駄目だ、国家への思いを小さい時から擦り込ませなければ日本は駄目に成る・・・」と主張して教育基本法も改定してしまいました。

 でも、今わたし達は、若者が一生懸命被災地で、全国で、自らも被災者でありながらも懸命に救助、救援活動をしている姿を目の当たりにしています。

 戦後の新しい教育を受けてきた人たちがとても献身的で、冷静な行動をしています!
 戦前の古い教育を受けてきた頭の固い一部の『リーダー』なる確信犯的な人たちこそ、今や国民からすれば非常識な主張ばかりしています!

 若者は変な愛国心は無くても、国民のことを愛して行動しています!

|

« 石原都知事「天罰」発言、米倉日本経団連会長「原発は大したもの、原発政策の見直し必要なし」発言。彼等を日本の『司令塔』にしていて良いのか。 | トップページ | 「安全研究軽視が背景に・・・」元・原子力研究所職員・出井義男さんの発言(赤旗新聞から) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 石原都知事「天罰」発言、米倉日本経団連会長「原発は大したもの、原発政策の見直し必要なし」発言。彼等を日本の『司令塔』にしていて良いのか。 | トップページ | 「安全研究軽視が背景に・・・」元・原子力研究所職員・出井義男さんの発言(赤旗新聞から) »