« この危機に際し国債を発行し、大企業に内部留保で買わせるべきです。それをしないで、庶民負担を増やす消費税増税を許してはいけません。 | トップページ | 原子力安全委員会と『原子力安全・保安院』の違いを知らされていないわたし達・・・・私の妻でさえ解らない理由。 »

2011年3月25日 (金)

統一地方選挙戦「自粛」を云う誤魔化し政党たちとマスメディア・・それなら何故日本共産党の提案した「統一地方選挙全国一斉延長」に反対したのか?選挙はパフォーマンスなのか!

 これから四年間の、地方政治の在り方を問う大事な統一地方選挙の実施を、被災地だけを除くとして決めたのは民主党、自民党、公明党です。

 彼等は、以前のブログで私が告発したように、日本共産党が「未曾有の国難を前にして、全国民が一致して救助、救援しなければならない今、落ち着いて選挙が出来る状況ではないから、全国一斉に、統一地方選挙を延長しましょう」と各政党に働きかけたのに対してして拒否して選挙戦に突入したのです。

 NEKを含めマスメディアも、この日本共産党の提案を何も報道しませんでした。

 そして選挙戦に成った途端に「被災の大きさから考えて選挙戦自粛の動きが起こっている」なぞと報道するのも無責任です。

 全国的メディアでは無い地方新聞の多くが「選挙をすると決めた以上、各政党が、候補者が自らの主張を有権者に訴えなければ、何の為の選挙なのか?」「候補者が自分の政見を有権者に訴えないとしたら、その候補者は選挙をパフォーマンスとしか考えない人だ」とまで痛烈に批判しています。

 全く同感です。

 都知事選挙の告示日に、自民党・公明党が推す石原氏は政策を何も云わずだんまりを決め込みました。
 それでちょっと口走った言葉が在ります。

 「良いタイミングで選挙に成った・・・」

 何が良いタイミングだったのかは皆さんもお解かりでしょう。
 東北関東大震災があったから、良いタイミングと云ったのです!

 東国原氏は何も石原都政12年間のことに触れませんでした!

 これまでの石原知事が推し進めてきた「福祉は一番の無駄」だと云う言葉に表れているように、徹底して福祉費を削減し、徹底して都民の安全予算を削ってきたことに対して、何も触れないということは、それを認め継承していくと云う宣言と同じです。

 今こそ、一貫して石原都政の弱者切捨て政策、都民の安全を蔑ろにしてきた政策に対してきっぱりと批判し対案を出してきた日本共産党元参議院議員、革新都政を作る会の小池晃さんを都知事にしましょうよ!

 あらゆる偏見を捨て、論理的に、冷静によく考えて、この災害大国の在り方を根本から見直す都知事を、今度の選挙で都民の皆さんが真剣に考え、結果を出して欲しいと心より願います・・・

 有名な人とか無関係に、ちゃんと自分の頭で真剣に考えてこそ、日本が抱えた戦後最大な危機にわたし達は立ち向かい、被災した人々は勿論、全国民が一丸となって復興に向けていく事が出来るのではないでしょうか。

 「天罰」などという人、それをきちんと批判出来ない人たちに都政を任せては成りません。

|

« この危機に際し国債を発行し、大企業に内部留保で買わせるべきです。それをしないで、庶民負担を増やす消費税増税を許してはいけません。 | トップページ | 原子力安全委員会と『原子力安全・保安院』の違いを知らされていないわたし達・・・・私の妻でさえ解らない理由。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« この危機に際し国債を発行し、大企業に内部留保で買わせるべきです。それをしないで、庶民負担を増やす消費税増税を許してはいけません。 | トップページ | 原子力安全委員会と『原子力安全・保安院』の違いを知らされていないわたし達・・・・私の妻でさえ解らない理由。 »