« プロ野球選手会の常識と、巨人・渡辺恒雄氏の非常識・・・ | トップページ | この非常時でも国旗にお辞儀をする日本政府の異常! »

2011年3月20日 (日)

「安全研究軽視が背景に・・・」元・原子力研究所職員・出井義男さんの発言(赤旗新聞から)

 いま福島第一原発から、大量の放射線物質が環境にばら撒かれていますが、爆発の連鎖を起こさせては成りません。早く効果的に収束させるために力をつくす必要があります。
 
 原子炉や使用済み燃料プールを冷却するため、水の注入作業が大切であることは間違いありません。ただ、ヘリコプターからの注水は危険で効率が悪い。冷却システムの電源が回復しても、プールにひびが入っていたり、注水の為の配管が破損していれば、冷却機能は回復できません。そうした可能性も考慮に入れて、いろんな手をうたなければ成りません。
 
 今回の事故で、「二重・三重のバックアップがある」「想定の範囲」といった安全神話がいかに無力なものであったのか、残念な形で実証されてしまいました。「二重・三重・・・」の発想は否定しませんが、現実の施設は事故を防ぐはずの壁がいとも簡単に破れ、壊滅的な状況になりました。発想と現実に大きな乖離があったことを思い知らされました。

 私は以前、福島第一原発と同じタイプ(沸騰水型軽水炉)の研究用原子炉「JPDR]を運転した経験があります。それは小さな原子炉でしたが、巨大で複雑なシステムとなった現在の商業用原発は安全神話に安住し、津波の危険も設計段階で殆ど見過ごされてきたのです。

 政府は、軽水炉技術について「プル-プン(実証済み)の技術だ」という合言葉で、原発を推進してきました。軽水炉の研究・実験は「原子力研究所でするべき課題ではない」とされ、異を唱えると強い圧力がかりました。

 その結果、日本の原子力研究のテーマは、高速増殖炉「もんじゅ」や核融合炉、加速器施設などが中心で、軽水炉の安全性の研究は軽視されてきました。JPDRが廃炉になった現在、軽水炉の実験炉はありません。原子炉材料などの要素技術は研究してもシステムとしての軽水炉の研究はされず、安全性は砂上の楼閣でした。

 原子力の知識を得て、それを利用する以上は、きっちりとした安全性を前提に、地域住民の合意を得て進めるべきです。 

|

« プロ野球選手会の常識と、巨人・渡辺恒雄氏の非常識・・・ | トップページ | この非常時でも国旗にお辞儀をする日本政府の異常! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プロ野球選手会の常識と、巨人・渡辺恒雄氏の非常識・・・ | トップページ | この非常時でも国旗にお辞儀をする日本政府の異常! »