« 石原氏の都知事再選に思う・・・抗議の意思! | トップページ | 大震災・原発事故を自分のこととして、自らが持つ『脳』を使って真剣に考えない国民の多さに私は心から「無責任だ」と抗議します。 »

2011年4月13日 (水)

原発事故関係の流言蜚語・デマを起こさせない為にも、正確な情報公表を求めます。今は明らかに情報を隠しています!

 世界の社会心理学の到達点では、デマや流言蜚語の広まり易さは「人々が関心を抱いている事柄の重大性と曖昧性の積(掛けた数値)に比例する」、と認識されています。

 ですから、どちらかの値をゼロにすれば広がりません。

 今回の原発事故は、放射性物質が大量に飛散し、人々の生活と生命に対して直接関わる大事故ですから、事の重大性は掛け値なしで大きいです。

 では、曖昧性の面でゼロにすれば、デマや流言蜚語は広まりません。

 ところが現在までの政府の対応、経済産業省・原子力安全保安院の発表、東電の発表は曖昧で、本当に真実を発表していると信じている人は殆ど国民の中にはいません。みんな疑っています。

 曖昧性も限りなく大きいのです。

 これでは、デマや流言蜚語が国民の間に急速に広まっても不思議では無いのです。

 事故の重大性と緊迫性が大きいのですから、国民への説明に曖昧さを残さないことがとても大事なのです。

 余り良くない情報の発表は遅くしようとか、現在の状況に対しても被害を内場に発表しておこうとか、切羽つまらない限り情報を発表しないとか・・・・

 今の時点の国民に開示する情報は、まさに曖昧と誤魔化しの塊です!

 これではインターネット等を利用したデマや嘘情報を国民の中に際限なく広げてしまうのです。

 いくら一生懸命打ち消しても、広がり始めたものの広がりを止められないのがデマ、流言蜚語です・・・・

 今わたし達が求めているのは正確な情報と、情報の開示です。

 原発を推進してきた側(政府、経済産業省原子力・安全保安院、東電)の発表だけの情報源頼りで、本当に真実が判るはずありません。

 政府が、政府とも独立した日本中の、世界中のありとあらゆる知恵・英知を結集できる組織を『緊急事態対策本部』として立ち上げ、国民と、世界の人々を守る姿勢に立つことです。

 そして、長い目での方針を国民に示すことです。

 最悪の事態はこのような状況が予測される。
 従ってチェルノブイリ事故も経験した世界と日本の原子力専門家・災害専門家・農林・水産専門家などに協力を仰ぎ、それに対しての備えとして次のような対策を順じ講じていく。

 同時に、予測される次の事態に対してこのような対応をしていく。

 直面している事態に対しては、現在このような対策を講じている。

 このように、先の見通しを含めた、悪い予測も含めたきちんとした情報が発表されれば、そこにデマや嘘や噂の入り込む余地は在りません。日本国民はそれ程愚かではありません・・・

 現在、日本政府の対応は、原子力の専門家が少しでも参考に成ることを伝えようとしてもその窓口さえなく、全然役に立たないのが現実です!

 

|

« 石原氏の都知事再選に思う・・・抗議の意思! | トップページ | 大震災・原発事故を自分のこととして、自らが持つ『脳』を使って真剣に考えない国民の多さに私は心から「無責任だ」と抗議します。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 石原氏の都知事再選に思う・・・抗議の意思! | トップページ | 大震災・原発事故を自分のこととして、自らが持つ『脳』を使って真剣に考えない国民の多さに私は心から「無責任だ」と抗議します。 »