« 『一見進歩的朝日新聞』の主張・イメージは、多くの国民をたぶらかすトロツキストと同じ役割をしています。 | トップページ | 石原氏の都知事再選に思う・・・抗議の意思! »

2011年4月10日 (日)

統一地方選・前半投票日の今日思うこと・・・・!

 これから4年間の自分の住む地域の政治を誰に任せるかという大事な選挙。

 私は群馬県前橋市に住んでいますが、「今日は県議会選挙の投票日です。皆さん、投票時間は午後6時までです。」という市の広報車の声を全然聴かないのです。
 
 それも、群馬県県庁所在地・前橋駅の直ぐ近くに住んでいてもです・・・・

 私は市選挙管理委員会に電話して「何故か」と尋ねました。
 
 「例年通り3台の広報車を出しています」が応えです。

 今回のように『選挙自粛』がまかり通る中、今日が投票日かどうか、それさえ知らない人たちが多いのです。

 そんな時だからこそ、選挙管理委員会は民主主義の基本である選挙の事を今まで以上に広報しなければいけないと思うのです。

 大災害を前にして、選挙実施を「全国的に延長しよう」という日本共産党の反対意見を退け、選挙実施を決めておいて、「選挙活動自粛」を云い出した政党は無責任の極みです。

 何を理由に自粛するのか?

 自粛なんてするのなら、何故選挙を強行したのか?

 その答えは明瞭なのです。

 一般的に現職が圧倒的に有利な選挙を、この国民的苦難の中で、国民に冷静に考えさせないで『勝ち』抜こうと云う党利党略で、前回の記事でも告発したように『票の回しっこ』で切り抜けようとの思いから選挙実施を決めておいて、選挙活動の自粛なることを云い出したのです。

 東京都知事選挙がいい例です。

 現職石原慎太郎候補は選挙戦に入ってからダンマリを決め込みました。

 その彼が最終日、昨日、都内2か所で演説しました。

 「災害の時に必要なことはまず第一に自分の安全は自分で守る、それこそが第一のこと。第二はお互いに助け合う共助が大切だ。公助(自治体がすべき事)は最後だ」。

 「震災の被災地を見に行った。酷い状態だった。私は政治家として得がたい経験をした」。

 彼がこんな事を選挙戦の間中、都内そこいら中で演説していれば多くの都民は、誰も彼に投票しなく成るでしょう・・・

 これこそが、「選挙戦自粛」という、一見思いやりが在りそうな、でも実はこの国難を利用した無責任な政党の真の姿なのです!

 ここ群馬でも、候補者カーの声をあまり聴きませんでした。

 選挙カーを動かしていたのは日本共産党の宣伝カーか、民主党の名前を隠した候補の宣伝カーぐらいでした。

 わたしは、今だからこそ日本共産党の政策を訴えたチラシを、届け・・・届いてくれという思いで路地の奥までも、建物の4階までも、歩いて一軒いっけんの玄関ドアに入れていきました。

 こんな時だからこそ、本当にわたし達地域の住民を守る政策をできるだけ多くの人たちに訴えたかった。

 住民を本当に守れる日本共産党の自治体政策、30年以上前から原発の危険性を、「まだ未完の技術」であると国会でも警告し続け、原発ではなく、自然エネルギー発電の開発政策に転換するべきだと言ってきた事実を一人でも多くの人たちに伝えたかった・・・

 結果は今日出ますが、結果に関わらず、今日、日本共産党を選んでくださった人々の意思は、これから先の日本の将来を見据えたとても重要な、重い選択だと思います。

 

 

 

|

« 『一見進歩的朝日新聞』の主張・イメージは、多くの国民をたぶらかすトロツキストと同じ役割をしています。 | トップページ | 石原氏の都知事再選に思う・・・抗議の意思! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『一見進歩的朝日新聞』の主張・イメージは、多くの国民をたぶらかすトロツキストと同じ役割をしています。 | トップページ | 石原氏の都知事再選に思う・・・抗議の意思! »