« 大震災の後に出てきた「わたし達の生活を見直させる為に天が教えてくれた・・・」という意見の無知さと、被災者や亡くなられた人々への無情性。 | トップページ | 新学期『21日一斉再開』を決めた石巻市教育委員会の姿勢は、特段変わった姿勢ではありません。これが全国的な教育委員会の非「教育」的姿勢に他ならないから・・・・ »

2011年4月16日 (土)

余震の震源地として耳にする「福島県・浜通り」とは一体どんな場所なのか?

 私は、何かどこかの商店街かな程度に思っていたのですが、福島原発の立地場所なのです。

 不安です。

 女川原発では、余震だけでも、想定値を超えて電源が一時失われました。
 
 原発の想定値が、いかに安易なものなのかを更に実感しました。

 それでも、与謝野大臣(自民党時代は経済産業省の前身・通産大臣)は永年・自身が原発を先頭に立って推進してきた人ですが、「原子力発電は電力供給の為大事なものと思っている。推進してきたことは決して間違っていない」と発言しました。

 更に、記者団から「今回の事故発生で謝罪する積りは在りますか?」と聞かれ「ない!」と明確に否定し「福島原発も、最良の知見、最善の知恵、最良の技術者、そして安全率をかけた、その当時としてはベストのものを造ったと確信している」とまで語りました。

 この人は現実を見ることをしない、無責任な政治家です。

 現実に起こっている深刻な事態ときちんと向き合わず、この程度の『原発安全』性を胸を張って誇っているのです。

 この人の云う「最良の知見」「最善の知恵」は、原発の危険性がいくら科学的根拠で指摘されても聴く耳を持たず「危険性をきり無く言い出せば、何も作れない」「日本の原発は『5重の安全設計』をして、これでもか、これでもかを考えて造られているから絶対安全だ」という非科学的『神話』に自らもどっぷり浸かった許せる態度では決してありません!

 

|

« 大震災の後に出てきた「わたし達の生活を見直させる為に天が教えてくれた・・・」という意見の無知さと、被災者や亡くなられた人々への無情性。 | トップページ | 新学期『21日一斉再開』を決めた石巻市教育委員会の姿勢は、特段変わった姿勢ではありません。これが全国的な教育委員会の非「教育」的姿勢に他ならないから・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大震災の後に出てきた「わたし達の生活を見直させる為に天が教えてくれた・・・」という意見の無知さと、被災者や亡くなられた人々への無情性。 | トップページ | 新学期『21日一斉再開』を決めた石巻市教育委員会の姿勢は、特段変わった姿勢ではありません。これが全国的な教育委員会の非「教育」的姿勢に他ならないから・・・・ »