« 大震災・原発事故を自分のこととして、自らが持つ『脳』を使って真剣に考えない国民の多さに私は心から「無責任だ」と抗議します。 | トップページ | 大震災の後に出てきた「わたし達の生活を見直させる為に天が教えてくれた・・・」という意見の無知さと、被災者や亡くなられた人々への無情性。 »

2011年4月15日 (金)

朝日新聞『素粒子』の『分子』にも成らないつまらなさと、下らなさ。これが朝日新聞の現在の立ち位置でしょう。

 『素粒子』とは、『分子』の更に奥にある物質の組成単位ですが、この名前を頂いた朝日新聞夕刊の定番記事ははっきり言って下らないしつまらない。

 物事の本質に限りなく近づく筈の『素粒子』を名乗りながら、書き手は呆けています。

 先日の記事。
 「自然は人間の備えをたやすく超えた・・・」(細かい文章は記憶に頼っているので正確ではありません、意味は同じです)。

 違う!全然ちがいます!

 国会でも「この備えは、備えに成っていない、非常に危険だ」(衆議院日本共産党・吉井英勝の質問)と指摘されていたのです。

 それに耳を貸さず「安全だ!5重の備えが在るから安全だ!」と主張し続けた日本政府と東京電力の「原発は安全だ」という、それこそ自らがばら撒いた『神話』に自らも陥いって安全対策を講じてこなかった結果が現在の危機的状況を作り出しているのです。明らかです!

 今日の『素粒子』には「うちもやってみるか。東電のためではないが、大手コンビニが巨費を投じて照明にLEDを採用」ですって。

 庶民にとって現実的意味の無いこと、それを『素粒子』の記事にするなんて庶民の心も社会の現実実態も何も判っていない。

 更に次の記事では「石原都知事が『自動販売機』なんかなくても生きていける。ものの言いようはあるだろうが、便利さの仕分けは必要かも」ですって。

 あの「福祉が最大の無駄」と云って憚らない石原都知事を在る意味褒めているようなこの記事・・・・

 わたしは言います!
 便利さは、国民が望んだのでは無い!

 便利とは、どのような事かでさえ具体的に気が付かない国民が、便利な商品を作りだすことは絶対出来ません!

 人間が「楽と便利さを見せ付けられれば必ず追い求める」、「だからこんな商品を作って大儲けしよう」。

|

« 大震災・原発事故を自分のこととして、自らが持つ『脳』を使って真剣に考えない国民の多さに私は心から「無責任だ」と抗議します。 | トップページ | 大震災の後に出てきた「わたし達の生活を見直させる為に天が教えてくれた・・・」という意見の無知さと、被災者や亡くなられた人々への無情性。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大震災・原発事故を自分のこととして、自らが持つ『脳』を使って真剣に考えない国民の多さに私は心から「無責任だ」と抗議します。 | トップページ | 大震災の後に出てきた「わたし達の生活を見直させる為に天が教えてくれた・・・」という意見の無知さと、被災者や亡くなられた人々への無情性。 »