« 「プロセクション・フォー・ユアセルフ」元内閣原子力安全委員長代理・住田健二さんの思いと謝罪の言葉。 | トップページ | 東電にリストラを迫った枝野官房長官発言に怒りを覚えます。何故12兆円もの東電内部留保金の活用を云わないのか! »

2011年5月 6日 (金)

丸腰で抵抗したビンラディンを撃ち殺したアメリカ軍特殊部隊。それでも正しいのか?

 カーニーアメリカ大統領報道官が今月3日記者会見で述べました。
 「特殊部隊がビンラディン容疑者の部屋に突入した際、ビンラディン容疑者は武装しておらず、丸腰で抵抗した末に射殺された。共にいた夫人はこれに先立って隊員に飛び掛り脚を撃たれて怪我をした・・・」。

 9・11テロ直後ブッシュが「これは戦争だ」と云いました。

 そして始まったのがアフガニスタン戦争です。
 まだ終結していません・・・・

 ビンラディン殺害で戦争が終結されるのであれば、それは完璧な報復戦争であった事を証明します。

 テロ行為は絶対許されるべきことではありません。

 でも、同じように違法な戦争で報復するのも絶対許してはいけません。
 国際法に則った手段でテロリストを追い詰めていく事こそ、テロを根絶させる唯一の道です。

 何故、世界中にアメリカを敵視するテロリストが存在しているのか、その根本的問題とアメリカは正面から向き合わなければテロリストはいなくなりはしません。

 ソマリア沖の海賊問題も、何故、その地域の人たちが海賊として現われるのかという、根本的問題を無視していては幾ら護衛船を増やしても根絶出来ないでしょう。

 ここで問題にした例はいずれも暴力を伴う例ですが、文字通りの『暴力』を伴わない世界中の不条理な事態でも、根本に存在する問題を無視していては絶対根絶出来ません。

 例えば世界中に蔓延る児童労働も、人身売買も、規制を強めただけでは殆ど解決しません。
 絶対的貧困という現実を直視し、その解決に向かって、それへの手立てをしなくてはいけないのです。

 殺されたら、殺しかえす。
 海賊が出れば、取り締まる。
 不法な児童労働を見つけたら、止めさせる。
 人身売買を警察力を使って取り締まる。

 これではテロリストはいなくならないし、海賊も同じ・・・
 不幸なこども達も無くなりません。

|

« 「プロセクション・フォー・ユアセルフ」元内閣原子力安全委員長代理・住田健二さんの思いと謝罪の言葉。 | トップページ | 東電にリストラを迫った枝野官房長官発言に怒りを覚えます。何故12兆円もの東電内部留保金の活用を云わないのか! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「プロセクション・フォー・ユアセルフ」元内閣原子力安全委員長代理・住田健二さんの思いと謝罪の言葉。 | トップページ | 東電にリストラを迫った枝野官房長官発言に怒りを覚えます。何故12兆円もの東電内部留保金の活用を云わないのか! »