« 大震災・原発事故を利用して、憲法にぬれ衣を着せようとしている民・自・公・みんな・国・立ち上がれ、各政党の思惑・・・・ | トップページ | 与謝野大臣「原発事故は神のしたこととしか思えない・・・」発言は『東電赤字に・・』報道と同じ思考から派生しています。 »

2011年5月20日 (金)

『こども三味線教室』9年目への挑戦を今日してきました。日本政府の「伝統文化を大切に」が如何に嘘八百かを、またも痛感し今日でした・・・

 毎年毎年、この時期はある意味私にとって憂鬱な時なのです。

 三味線音楽の心地良さを、少しでも多くのこども達に感じて欲しくて始めた『こども三味線教室』も、今年の募集で9年目を迎えました。

 どれ程の多くのこども達が応募してくれるのか・・不安であり楽しみでも在ります。

 今まで8年間で、300百人を超えるこども達に三味線音楽の面白さを体感してもらいました。

 私は、音楽というものは比較したり、優劣を競うものではないと思っています。
 
 ヨーロッパのクラシック(古典)音楽も含め、ラテン音楽も含め、アフリカ大陸の音楽の原点ともいえるリズム音楽を含め、タンゴ、カンッオーネ、ヨーデル、日本の浜歌、舟歌を含め、日本の民謡などを含め、何処にも優劣など在りません。

 地域の学校の、校長先生・教頭先生・教務主任の先生也と連絡をし、訪問するのですが、学校によって様々な対応があり私にとってはまるで神経戦のようで、毎年くたくたに成る程疲れます・・・・

 永年の実績は大きな力で、文化庁とか、何とかという肩書きが無くても殆どの学校では「毎年していらっしゃる三味線教室の先生ですね・・ご苦労さまです・・・」「お疲れ様です・・・」「よろしくお願いします・・」とか、言って下さるように成りました。

 でも、今年はどうなるのか、当然不安な気持ちで訪れるわけです。

 今日も一校だけ、偉そうな教頭先生がいました。

 「あんたは一体何者だ!」みたいな対応でした・・・・

 挙句の果てに「クラスで全員の生徒に渡す事はしません。教室に置いておいて、関心を持ったこが、持って帰る・・・^^^!」

 わたしは一昨年、ある小学校で校長先生と徹底的に話をしました。
 同じように言った校長先生に「こどもが習うとは、こどもの関心だけに任せてはいけないのではありませんか?親の協力無しではで出来ないことですし、親の判断も重要な年頃です!是非、クラス中のこども達に、お渡しして欲しい・・」と。

 暫らくしてから、校長先生は「判りました。でも、参加者がいるかどうか判りませんよ・・」と仰いました。
 
 でも、その年、その学校から初めての参加者を迎えました。そして、そのこは「三味線って面白い!」と言います。親御さんは最初の頃「このこは飽きっぽいこなので・・・」と仰っていましたが「本当に好きみたいです」と喜んでくださっています。

 私は、現在の教育の在り方に心から反対します。

 暫らく前に云われていた「ゆとり教育」も、それを見直したという現在の教育も、教育の在り方、それ自体が根本的におかしい!

 決してわたし達国民の立場に、庶民の立場に、そして根本的に人間の立場に少しも立っていません。

 音楽がまさにそうであるように、人間の豊かな想像力こそが、一番大事なのです。

 豊かな想像力を人間が持てれば、人殺しなんて起きない!
 豊かな想像力を人間が持てれば、殺人なんて起こせない!
 豊かな想像力を人間が持てれば、戦争も起こせない!
 豊かな想像力を人間が持てれば、一人だけ幸せに成る事を許さない!
 豊かな想像力を人間が持てれば、人間を差別する事など在り得ない!

 豊かな心を何も育てようとしない教育、頭がただ「いっぱい」に成るつめこみ教育は、自ら頭を使って考えることの出来ない、思考力のない人間育成であり、人間性を破壊し、たった一部の人間の思うとおりにさせるだけの、極めて人間形成にとって大事な時期を利用した、将来歴史的に明らかに成る反人間教育です。

 この現在の教育過程は、将来の歴史的検証を経る以前に必ず改められるでしょう。また、絶対改めさせなくてどうするのです・・・・皆さん!

 

|

« 大震災・原発事故を利用して、憲法にぬれ衣を着せようとしている民・自・公・みんな・国・立ち上がれ、各政党の思惑・・・・ | トップページ | 与謝野大臣「原発事故は神のしたこととしか思えない・・・」発言は『東電赤字に・・』報道と同じ思考から派生しています。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大震災・原発事故を利用して、憲法にぬれ衣を着せようとしている民・自・公・みんな・国・立ち上がれ、各政党の思惑・・・・ | トップページ | 与謝野大臣「原発事故は神のしたこととしか思えない・・・」発言は『東電赤字に・・』報道と同じ思考から派生しています。 »