« NHK受信料不払いは私の正当な行動であるこを、あらためて再確認させた埼玉県蕨市長選挙の結果報道の偏向。放送法に違反しています! | トップページ | 日本にプルトニウムを大量に生産する『軽水炉型原発』を売り込んだアメリカは、日本が「原発ビジネス」と騒いでいるうちに、その技術を含め日本に高く売り逃げようとしています。その裏には、従属国には教え無いアメリカの研究成果が在るのです。 »

2011年6月 8日 (水)

『高齢化先進国』なんて出鱈目な日本語を私たちは何となく納得してして受け入れてはいけません。

 今日のNHKの番組で私は初めて聞いたのですが「高齢化先進国」ご存知ですか?

 『先進国』を国語辞典・広辞苑で調べますと「経済や文化の面で比較的進歩した国」と記されています。

 私は『進歩』も調べました。「1、すすみあゆむこと。2、物事が次第に発達すること。物事が次第によい方、また望ましい方に進み行くこと。」

 広辞苑が時代に合わなくなったのかを私は知りませんが、また認めませんが、「高齢化先進国」なる新造語を作り出すNHKに私は非常に大きな危惧を感じるのです。

 番組によばれたゲストに「日本は世界でも進んだ高齢化先進国ですから、世界から高齢者に優しい国と思われている。そこを使って高齢者用のビジネスをアジアなど世界に向けて作り出せば日本は大きく飛躍出来る・・・」とか云わせました。

 このゲスト氏は「高齢化社会は何故生まれるか?」という、とても簡単な小学生でも理解できる事を理解していません。高齢化社会とは、あくまでも比較の問題で、こどもがとても少ないから高齢者の割合が増えて、国民の年齢構造として高齢者が国民の圧倒的部分を構成してしまうからです。決して、高齢者に優しいなんて屁理屈は出てきません。

 質問して問題点を浮かび上がらせる、私が「理知的な女性だな・・・」と思っていたアナウンサーの女性も、見事に『高齢化先進国』なる新造語に疑問も呈さず「少子化の問題とも関わってくる・・・・」なんて、訳のわからない事を云いました。

 番組全体が放つ問題意識は「如何に日本の企業が世界で発展し生き残れるか?」これです。

 現在日本で暮らしている私たち国民の多くが、深刻にぶち当たっている現実問題とは何の関係もない、こどもを産めない私たちの経済状況と無関係な、少子化の現実を元からただせば、そこを解決すればこそ、『高齢化先進国』を返上出来る道を何も示さない!

 こんな放送のために、多くの善良な国民からお金を、視聴料を取り続けるのですか!

|

« NHK受信料不払いは私の正当な行動であるこを、あらためて再確認させた埼玉県蕨市長選挙の結果報道の偏向。放送法に違反しています! | トップページ | 日本にプルトニウムを大量に生産する『軽水炉型原発』を売り込んだアメリカは、日本が「原発ビジネス」と騒いでいるうちに、その技術を含め日本に高く売り逃げようとしています。その裏には、従属国には教え無いアメリカの研究成果が在るのです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NHK受信料不払いは私の正当な行動であるこを、あらためて再確認させた埼玉県蕨市長選挙の結果報道の偏向。放送法に違反しています! | トップページ | 日本にプルトニウムを大量に生産する『軽水炉型原発』を売り込んだアメリカは、日本が「原発ビジネス」と騒いでいるうちに、その技術を含め日本に高く売り逃げようとしています。その裏には、従属国には教え無いアメリカの研究成果が在るのです。 »