« オスプレイにも『安全神話』、「安全性には心配ない」北澤防衛大臣の発言に怒りと、ここまで国民を愚弄するのか! | トップページ | 『君が代』斉唱時に「教職員は起立しないように・・」ともし指示した校長がいたなら、最高裁は「憲法第19条に違反した指示であり無効」と判決を下すでしょう。 »

2011年6月13日 (月)

菅内閣が辞めれば被災地が変わるのか?そんなこと在りません!そんなふうに考えている人は『お人好し』か余程愚かな人々です。

 東京電力福島第一原発の事故は、『誰も』が絶対起こらないと主張してきたにも拘らず起きた「想定外」の事態です。

 ですから、その事態に対する対処方など発想もしないし、考えようともしないし、有り得ないことに対してマニュアルなんか或わけありません!

 原発を日本に持ち込む切っ掛けを作った政治家、中曽根康弘氏。

 若き代議士中曽根氏は、1954年3月に三億二千五百万円の日本で初めての「原子力予算」を会期末直前に駆け込むように提案し採決させたその張本人です。

 この中曽根氏は後に首相にまで上り詰め、現在は自民党の相談役みたいで、現在の自民党総裁も相談にいったりしています。

 ですから、日本で「過酷な原発事故は絶対起きない」「絶対安全だ」と云い続けてきた人です。
 国民にいい加減な事を断言してきた人です。

 ですから、自民党が政権を現在持っていたとしても、現実に起こってしまった福島の原発事故に対処出来る訳有り得ないと思いませんか?

 自分達も安全『神話』にドップリと浸かっていたのですから・・・

 少し詳しく記すならば、今回の福島原発事故以前から多数の原発事故が日本で起きていて、それらの事故が、アメリカで起こったスリーマイル島事故以降にも起きていて、それらの事故が重大事故に継る過程まで示されていたにも関わらず、何の学問的、特に物理学的裏付けを何も持たずに、良心を持つ専門家や、日本共産党等の強い警告を無視し続け、只々「安全だ」「日本ではスリーマイル島のような事態には成らない」とあくまでも主張してきたこの政党達、分りやすく言えば自民党、公明党、民主党、その他の名前が長く続かない殆どの政党に、原発事故の対応は出来ないはずです。

 自民党も本心は「我政権でなくて良かった・・・・」と思っていますよ。

 今何よりも政治として大切なこと、それは被災者達の生活を再建することが第一の問題だと思いませんか?

 違いますか?

 宮城県知事のように漁民にも、農民にも何も相談せずに「復興特区を作り、企業の参加を促そう」などという主張は、災害前から日本経団連を中心に財界が主張していた「道州制の導入」と同じ発想であり、一国の主であった漁民を雇われ労働者に、農民を雇われ労働者に置き換える政策以外の何ものでも在りません。

 復興ならば、それは沿岸の主として魚も摂り過ぎず、永続できる循環を自然に身に付けた漁民を中心に復興を考えなければ成りません。

 農業も、地産地消を中心に考えた安全で美味しい食物を作り続けてきたこれまでの農家が中心となって考えなければなりません。

 それでこそ、復帰うだと私は思います。

 でも、マスメディアからよく聞こえてきません?

 「日本の将来を見据えた復興こそが今求められている・・・」

 

 

|

« オスプレイにも『安全神話』、「安全性には心配ない」北澤防衛大臣の発言に怒りと、ここまで国民を愚弄するのか! | トップページ | 『君が代』斉唱時に「教職員は起立しないように・・」ともし指示した校長がいたなら、最高裁は「憲法第19条に違反した指示であり無効」と判決を下すでしょう。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オスプレイにも『安全神話』、「安全性には心配ない」北澤防衛大臣の発言に怒りと、ここまで国民を愚弄するのか! | トップページ | 『君が代』斉唱時に「教職員は起立しないように・・」ともし指示した校長がいたなら、最高裁は「憲法第19条に違反した指示であり無効」と判決を下すでしょう。 »