« 庶民増税しか考えない民主党、自民党、公明党は私たちと根本的に対立する立場です。何故高額所得者優遇税制、法人税減税にメスを入れ無いのか。 | トップページ | 原発撤退意見は『感情論』でも『理想論』でもありません。「誰の為のエネルギーか?」を考えれば当然の帰結です。 »

2011年7月31日 (日)

佐賀県古川知事も『原発麻薬患者』の一人なのです。この人だけを責められませんが許せることではありません!辞職すべきです。

 「反対意見ばかり寄せられる。幅広い意見が必要だと思った」そうですが、市民から意見を募れば「反対意見」ばかりなので有るのなら、それが民意であり、知事としては一番大事にしなければ成らない事であることは明確です。

 古川知事は知事としての責任は放棄し、知事としての立場を利用して『民意』をでっち上げようとしたのです。

 何があっても決して許されることでは有りません!

 即刻辞職しなければ変すぎます。

 原発誘致自治体が全て、例外なく原発の『麻薬患者』「原発麻薬自治体」に成ってしまうことは以前の記事で記しました。

 古川知事だけが責められれば済むことでは有りません。

 自治体に、それも村、町など財政的基盤の小さい過疎で貧困な地域に「そこにこそ原発立地を働き掛け、札束でほっぺたを叩くようにして行けば原発を全国展開出来る。原発大国に成れる。そこにこそ、日本の経済界の発展の基盤が在り、将来も見通せる。『原子力ルネッサンス』という耳触りの良い言葉を使いながら原発輸出国に成って日本製原発を世界中にばら撒けば大儲け出来る。」と踏んで『原発麻薬患者自治体』を作り続けてきたのは、県知事なぞではありません。

 日立、東芝、三菱重工など日本の原発メーカーは、特に東南アジアへの原発輸出を狙い暗躍しています。

 でも、彼らは共通して云って来たのです。

 「安全性を担保するのは現地国の責任だ!」

 原発事故はいったん起こったら地域を超えて世界中に重大な影響をもたらします。

 それにも拘わらず地震列島日本に54基もの原発を設置し、さらに海外に売り込もうとして来たのは、まさに国民の多くが選挙の度に支持してきた自民党政権から始まったことです。  

 わが群馬県の生み出した自民党中曽根康弘元首相が、最初の火付け役をしました。

 わが群馬県の生み出した自民党福田赳夫元首相も、それを踏襲しました。

 マスメディアでは「中・福戦争」などと騒ぎ立てていましたが、何も違いなど無かったのです。

 一貫して原発推進、安全神話の普及・・・・わが群馬県の生み出した自民党小渕恵三元首相もそう・・・・

 その後自民党が沈没しそうになると出来た「非自民」なる集団もマスメディアは大きく取り上げました。

 「あなたは自民ですか?それとも非自民ですか?」

 なにも本質の変わらない二者択一を国民に真剣そうに問いかけるのは日本のマスメディアの得意技です・・・

 自民か非自民か?  

 自民か民主か?

 二大政党制こそ日本を変える!

 もお、いい加減にしなさいよと言いたい。

 自民党政権以来、非自民政権(村山政権、社民党も参加していました)に変わった後も、自公政権が続いた時も、民主党政権に変わっても原発拡大路線は何も変わりませんでした。

 民主党政権に成ってから「原子力ルネッサンス」なる言葉が盛んに使われるように成ったのです。

 何故、佐賀県古川知事だけを責められましょう・・・・

 
 

 

|

« 庶民増税しか考えない民主党、自民党、公明党は私たちと根本的に対立する立場です。何故高額所得者優遇税制、法人税減税にメスを入れ無いのか。 | トップページ | 原発撤退意見は『感情論』でも『理想論』でもありません。「誰の為のエネルギーか?」を考えれば当然の帰結です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 庶民増税しか考えない民主党、自民党、公明党は私たちと根本的に対立する立場です。何故高額所得者優遇税制、法人税減税にメスを入れ無いのか。 | トップページ | 原発撤退意見は『感情論』でも『理想論』でもありません。「誰の為のエネルギーか?」を考えれば当然の帰結です。 »