« 震災以来4ヶ月、瓦礫も除かれない、個人企業も何にも補償されない。若者が仕事にも就けない。お年寄りも赤ちゃんも未来が全然見えない!こんな日本で良いのですか?・・・・・・・・ | トップページ | 本来は戦争をし、人を殺し勝、この訓練を徹底して受けている自衛隊の震災救援活動・原発事故対応活動を持ち上げたNHKの番組。 »

2011年7月12日 (火)

朝日新聞夕刊『素粒子』の書き手の図々しさは、国民に対して犯罪的です。

 東京電力福島第一原発事故以来の朝日新聞夕刊『素粒子』の論調は、あたかも原発の危険性を一貫して主張してきたメディアのような記事ばかりです。

 今日の記事には「脱原発77%、30年以内に全廃すべきだという人63%、と本紙世論調査。くみ取る受け皿のない政治。昨年亡くなった井上ひさいさんの言葉『できたら100年後の皆さんに、とてもいい地球をお渡しできるように、100年前の我々も必死で頑張ります。どうぞお幸せに』。20年後の未来図がなければ100年先は空想もできぬ。」

 それは違うと私は言いたい・・・・

 まず最後の文章から批判します。

 「100年先は空想もできぬ」。

 原発がいかに未完成な技術なのかと言う原子力専門学者や、立地する場所が日本ではどこにも無いという世界的地震学者、地質学者等の、それも世界的学会の意見も何もかも無視して原発を推進してきた日本の歴代政府の立場に何の異論も、疑問も国民に対して正面立って提示し来なかったのが日本のマスメディアです。

 「100年先は空想もできぬ。」なんて他人事みたいに語って良いのでしょうか。

 100年先の「空想」どころか喫緊の危険性を指摘するありとあらゆる学術的、専門的意見を、報道という国民に伝える大事な部分で、国民に対して確かな報道をせず無視し続けたのはまさに朝日新聞を始めとするマスメディアです。

 原発広告を最初に新聞に掲載したのも朝日新聞です。それを皮切りに電力会社から脅しを受けて読売新聞、毎日新聞も右へならったのが真実です。

 そんな歴史の事実も知らないで朝日新聞夕刊『素粒子』の記事を書いているのなら、国民をコバカにするような記事を書くべきではありませんし本当に愚かなのは作者です。

 作者は「空想」なんて言葉を使うことによって、原発の危険性、未完成さをしてきした多くの意見表明を無きが如くにしたのです。  まさに「想定外」に・・・・

 井上ひさしさんの言葉を利用したことに触れます・・・

 井上ひさしさんは憲法9条を守る「9条の会」の呼びかけ人の一人です。

 いまや朝日新聞は憲法を守る立場から完全に離れています。

 それはどのような記事から判断出来るのか・・・・

 自衛隊のイラク派兵時も、憲法に違反していると何も反論しませんでしたでしょ・・・
 文字通り国民の生存権を争う「生存権裁判」でも、新聞社としての主張をしませんでした。
 憲法に保障された「思想信条の自由」を守る裁判の報道でも、決して憲法を擁護する立場に立っての批判的な意見表明をしませんでした。


 最初の文章の批判に入ります・・・

 「先に進む世論。くみ取る受け皿のない政治」。

 散々国民の中に「二大政党制」「政権交代」に対する期待を撒き散らしたのは私ではありません!

 朝日新聞やNHK等のマスメディアです。

 「受け皿のない政治」、無責任な政治を国民の間に当然のように広めたのはあんた達でしょうに・・・・

 本当にまっとうな顔して、真面目そうな顔をして記事にするべきではありません!
 さらに国民を騙すのか!
 

|

« 震災以来4ヶ月、瓦礫も除かれない、個人企業も何にも補償されない。若者が仕事にも就けない。お年寄りも赤ちゃんも未来が全然見えない!こんな日本で良いのですか?・・・・・・・・ | トップページ | 本来は戦争をし、人を殺し勝、この訓練を徹底して受けている自衛隊の震災救援活動・原発事故対応活動を持ち上げたNHKの番組。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 震災以来4ヶ月、瓦礫も除かれない、個人企業も何にも補償されない。若者が仕事にも就けない。お年寄りも赤ちゃんも未来が全然見えない!こんな日本で良いのですか?・・・・・・・・ | トップページ | 本来は戦争をし、人を殺し勝、この訓練を徹底して受けている自衛隊の震災救援活動・原発事故対応活動を持ち上げたNHKの番組。 »