« 朝日新聞夕刊のトップ記事「内部被爆の調査にのりだした」という主語がない記事が掲載される異常。それを異常とも思わない人々の群れ。 | トップページ | 「玄海原発再稼動」を容認した町長の『苦渋』の選択、そこに「原発麻薬患者」の真実の姿をみました。 »

2011年7月 4日 (月)

松本大臣の姿は自民党政権以来の長きに亘る「国会議員はえらい」「更に大臣はえらい」という根本的に間違えた『先生』と呼ばれる流れの中から派生した彼等にすれば当たり前の発言です!

 この人、松本大臣は人間として愚かで駄目な人です。

 何故なら、口の利き方一つみて判ります・・・・

 対等平等に人と話をする姿勢が何も在りません!

 この人の発言を批判する自民党の政治家、公明党の政治家には、批判するそもそもの資格が在りません。

 何故なら『先生』呼ばれる議員の立場を何も崩してこなかったから・・・

 「先生と呼ばれる馬鹿はなし・・・」とも世間では言われてきましたが、現実は「国会議員の先生」「県議会議員の先生」などと呼ばれ云われてきた現実を彼らは知っていた筈です。

 民主党の政治家も馬鹿げた発言をしています。

 「何か被災地の方々に誤解を招くような発言・・・・」
 
 誤解なんて誰もしていません!
 発言自体が非常識な発言なのです。

 実るほど頭を垂れる稲穂かな・・・・

 これ程素晴らしい言葉を無きが如しにしてきたのが、日本国民の生活をどん底にまで引きずり込んできた戦前・戦後の政治が実際に行なってきた現実なのです。

 その結果といえば結果と言える松本大臣の発言なのです。

 

 

 

|

« 朝日新聞夕刊のトップ記事「内部被爆の調査にのりだした」という主語がない記事が掲載される異常。それを異常とも思わない人々の群れ。 | トップページ | 「玄海原発再稼動」を容認した町長の『苦渋』の選択、そこに「原発麻薬患者」の真実の姿をみました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朝日新聞夕刊のトップ記事「内部被爆の調査にのりだした」という主語がない記事が掲載される異常。それを異常とも思わない人々の群れ。 | トップページ | 「玄海原発再稼動」を容認した町長の『苦渋』の選択、そこに「原発麻薬患者」の真実の姿をみました。 »