« 私のうつ病がとても改善され、抗鬱剤を何も服用しなくなった時に私を襲った無茶苦茶な「反共コメント」。でも、大丈夫でした・・・・ | トップページ | 靖国神社に行った「お国の為に命を捧げた御霊に感謝の気持ちを伝えるのは当然・・・」云々は嘘八百な云い訳です。許せません・・・・ »

2011年8月13日 (土)

神も仏も信じない私が感じた「公民館のおばさん」の意識、抗鬱剤が減ったその日・・・・

 私は神様も仏様も信じない人なんですが、私が抗鬱剤を呑まなくなったきっかけは家内の家のお墓の草取りに行った時に、同じ敷地内にある公民館の「おばさん」のお墓の前の雑草を舐めるように取ったのが切っ掛けでした。

 家内に聞いたのです・・・「どの位草をむしるの」と・・・・

 「舐めたようにむしるの・・・」

 私は舐めるように草をむしりました・・・・

 ふと私は気が付いたのです。

 この公民館の「おばさん」のお墓も敷地内にあるのに、このお墓の前だけ草をむしりとら無かったら何か罪なような気がしたのです。

 この「公民館」のおばさんとは私し深い縁が有りまして、私が前橋でお稽古を始めた時に応援してくれた人なのです。

 そしてある年の暑い夏、公民館の窓が開かないからとお稽古中に連絡が入り、早速駆けつけ、窓から覗ける限りではテレビが付けっぱなしに成っていて、おばさんの姿が確認出来ず、窓全体を持ち上げて中に入りました・・・・

 台所で裸で倒れ亡くなっていた「おばさん」をお医者さんの指示によって布団の上に抱っこしてお寝かせしたのです。そんな縁が有ったのです・・・

 私はおばさんのお墓の前の草を舐めるように取っているときに、軽い熱中症に成ってしまいました。

 何だか頭が熱いな・・・何だか気持ちが悪いな・・・・

 すぐ車に戻ってエンジンを入れ、エアコンを効かせ当座の症状は治りましたが家に帰っても気分は良くなりませんでした。

 でもその時がきっかけで、抗鬱剤を呑み忘れたのです。

 熱中症を気にしている間に抗鬱剤の飲み忘れをし、それでも大丈夫な自分に気が付いたのです。

 ですから、公民館の「おばさん」のお蔭だと思っています・・・・

 

|

« 私のうつ病がとても改善され、抗鬱剤を何も服用しなくなった時に私を襲った無茶苦茶な「反共コメント」。でも、大丈夫でした・・・・ | トップページ | 靖国神社に行った「お国の為に命を捧げた御霊に感謝の気持ちを伝えるのは当然・・・」云々は嘘八百な云い訳です。許せません・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私のうつ病がとても改善され、抗鬱剤を何も服用しなくなった時に私を襲った無茶苦茶な「反共コメント」。でも、大丈夫でした・・・・ | トップページ | 靖国神社に行った「お国の為に命を捧げた御霊に感謝の気持ちを伝えるのは当然・・・」云々は嘘八百な云い訳です。許せません・・・・ »