« 盲目的右翼でなければ、私はお互いに話の出来る共通点を見いだせると思っているのです・・・・・ | トップページ | 日本で初めての原子力開発予算が誕生した時は1955年12月臨時国会です。当時の『二大政党』自民党・社会党の合作で始まりました・・・・ »

2011年8月11日 (木)

徳川家発祥の地、群馬県太田市「縁切り寺」(満徳寺)で10月2日午後2時より長唄『問答入り勧進帳』を文化庁主催の演奏会で演奏します。

 長唄『勧進帳』は名曲中の名曲ですが、元々歌舞伎のバック音楽だったので、役者のセリフの部分が抜け落ちています。

 ですから話の筋が当然理解出来ないのです。

 それでも余りある名曲なのです。

 長唄をはじめ、音楽、芸能、芸術は理屈で成り立つ世界ではなく、あくまでも感性の世界です。

 でも主張が無いこととは違います・・・・・

 シューベルト、ベートーベン、ショパン・・・・(彼らの名前は偶然選んだ名前では有りません)

 西洋音楽の有名な作曲家ですが、彼らの作品にも主張が有ります・・・・

 主張が無い作品は探せません。

 では演奏家の立場はどうなのでしょう?

 作曲者の「主張」だけを表現するのでしょうか・・・・

 それは無理です!

 何故なら、作曲者の『主張』も文字通り演奏者の心での「理解」に依りますから・・・・

 私は演奏家として、同時に作曲家として思うのです。

 自分が演奏する時点で、作品を一生懸命自分成りに理解し、想像して演奏する以外無いのです。

 この想像力こそが、人間が生きる時に一番大切なことだ私は思います。

 10月2日、是非「縁切り寺」にお越し頂きたいと思います・・・・

 

 

 

 

 

 

|

« 盲目的右翼でなければ、私はお互いに話の出来る共通点を見いだせると思っているのです・・・・・ | トップページ | 日本で初めての原子力開発予算が誕生した時は1955年12月臨時国会です。当時の『二大政党』自民党・社会党の合作で始まりました・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 盲目的右翼でなければ、私はお互いに話の出来る共通点を見いだせると思っているのです・・・・・ | トップページ | 日本で初めての原子力開発予算が誕生した時は1955年12月臨時国会です。当時の『二大政党』自民党・社会党の合作で始まりました・・・・ »