« 神も仏も信じない私が感じた「公民館のおばさん」の意識、抗鬱剤が減ったその日・・・・ | トップページ | フランスのパリから帰って来た友人が言った言葉、日本は異常だ! »

2011年8月15日 (月)

靖国神社に行った「お国の為に命を捧げた御霊に感謝の気持ちを伝えるのは当然・・・」云々は嘘八百な云い訳です。許せません・・・・

 「お国の為に命を捧げた御霊・・・」

 ざけんじゃ無い!出鱈目ばっか云わないで下さい。

 一体どこの誰が、お国の為に命も投げ出し、他国の人々の命を奪うのか?

 何故自然に、日本の一般庶民が日本以外の国に行って、その国の人々の命を奪えるのか・・・・

 それが日本の伝統なのですかか!!

 一体何時からの?・・・・・

 明治天皇制政府が成立する以前に、日本人は他国に攻め入って人殺しをしたのか・・・・

 していません!

 何故、明治天皇制政権が誕生してからは10年毎に戦争が起こっているのか?

 それも、日本を戦地にしない戦争が起きたのか?

 余程のお馬鹿出ない限り、余程の無知でない限り、余程の確信犯でない限り明治天皇制政府が樹立されてからの日本の戦争を、現代社会で肯定できるののでしょうか。

 一番重要な点は、日本が戦場に成っていない事です。

 みな海外です・・・・

 被害者はアジア人です・・・・

 そしてみな日本の生命線として日本が勝手に決めたラインの中で、それも拡大するラインによって正当化されて来ました。

 そこに放り出された兵隊は純粋で純情で、小さい時から天皇制絶対教育も受けていました。

 逆らおうなんて考えるはず有りません!

 もっと本当に哀れだったのは、縄文人以来平和的に暮らしてきた日本人自身が人殺しに成ったことでした!

 「お国の為に・・・」は可なり古いけれど、「一体どのようなお国の為に成ったのか?」は問い直されて良いことです。

 靖国神社には陸軍の兵隊しか弔われていないことは当然ご存知でしょう?

 何故陸軍の兵士しか弔われていないのでしょう・・・・

 海軍はお国の為に役立たなかったのでしょうか?

 空軍の兵士はどこにいるのでしょう・・・・・

 天皇に加勢しなかった西郷隆盛も祀られていません・・・・・

 一体何の為の神社なのですか?

 何が「お国のため」なのですか・・・・?

 

 

|

« 神も仏も信じない私が感じた「公民館のおばさん」の意識、抗鬱剤が減ったその日・・・・ | トップページ | フランスのパリから帰って来た友人が言った言葉、日本は異常だ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神も仏も信じない私が感じた「公民館のおばさん」の意識、抗鬱剤が減ったその日・・・・ | トップページ | フランスのパリから帰って来た友人が言った言葉、日本は異常だ! »