« 原発撤退意見は『感情論』でも『理想論』でもありません。「誰の為のエネルギーか?」を考えれば当然の帰結です。 | トップページ | 3月11日以来テレビで「深刻な心配ない」と云い続けた東京大学大学院教授に代表される御用学者の犯罪的役割を、私は告発します! »

2011年8月 2日 (火)

全国的に広がる肉牛出荷停止。私は疑問に思うのです。人間には出荷停止なんて項目こそ有りませんが、何を根拠に「直ちに健康に影響を及ぼさない」と政府は安全を主張しているのか?

 今まで「想定もしていなかった」のは原発推進勢力です。

 その中身の内訳はまず東京電力を始めとする電力会社。

 原発を現実に製造する三菱重工・東芝・日立の三大メーカー。

 原発の建屋などを作る限られた大手ゼネコン。

 それらから『原子力』研究資金を得ていた学者、専門家もそうです。

 更に、最も忌まわしいのはこれら原発利益集団から政治資金を得て、その利益代弁者として国会で働いてきた政党、政治家です。

 それこそ彼らは民主主義国家の国民の大切な権利、投票権を利用して一部集団の利益を最優先して政治を行って来たのです。

 原発の恐ろしい危険性を原子力専門家や日本共産党がいくら指摘しても、「大丈夫です」「日本の原発は安全です」と主張し無視してきたのは彼らです!

 彼らは、全国的肉牛の汚染を前にして「出荷停止」を宣言しますが、彼らは何も予想していなかったのに、従って研究も大してしていなかったのに、国民の健康に対しては「直ちに健康に影響を及ぼさない」と云い続けます。

 何で、言い切れるのか?

 

|

« 原発撤退意見は『感情論』でも『理想論』でもありません。「誰の為のエネルギーか?」を考えれば当然の帰結です。 | トップページ | 3月11日以来テレビで「深刻な心配ない」と云い続けた東京大学大学院教授に代表される御用学者の犯罪的役割を、私は告発します! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 原発撤退意見は『感情論』でも『理想論』でもありません。「誰の為のエネルギーか?」を考えれば当然の帰結です。 | トップページ | 3月11日以来テレビで「深刻な心配ない」と云い続けた東京大学大学院教授に代表される御用学者の犯罪的役割を、私は告発します! »