« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月13日 (火)

消費税増税を当然視するマスメディアの論調に抗議します。多くの国民を騙すマスメディアの役割に強い憤りを感じます。

 垂れ流される情報に流される国民も愚か者ですが、意図的に垂れ流すマスメディアは犯罪的です。

 今やマスメディアで報道されている『世論』は「消費税増税を国民の多くが理解している」という一色では有りませんか?

 東日本大震災の復興の為には『増税は必至』みたいに主張しているのはマスメディアであって、だから消費税増税が必ず必ず必要なんて思わない人達にも影響を与えているのが現実です。

 復興財源としての消費税増税分は、法人税減税と合わさってプラス・マイナスゼロという現実を国民は知らない。
 消費税増税分は法人税減税の穴埋めに使われると正直に伝えるマスメディアは何処にも在りません。

 今消費税を増税しても何にも復興財源には一円も足しに成ら無いことをマスメディアがきちんと報道すれば、「消費税増税仕方ない」論も減るでしょう。

 これが現実の実態です、、、、、

 私は国立放送でなく、NHKが国民の公共放送であるならば、国民が知りたい情報をきちんと国民に提供していれば、放送料の滞納なんか無くなるでしょう、、、

 現在のNHKの報道は政府の御用報道に徹していますから・・・

| | コメント (0)

2011年12月10日 (土)

浅田真央さんの決断に敬意を表明し、哀悼の心をお送りします。

 浅田真央さんのグランプリ・ファイナル出場取り止めはとても重大な決意だったと感じます。

 浅田真央さんを応援してきた一人として残念な知らせでしたが、でも、育ててくれた母親に対する浅田真央さんの真剣な、真摯な向き合い方の姿勢は私の心を打ちました。

 とかく一大舞台に賭けるプロフェッショナルな姿勢が評価される世の中ですが、浅田真央さんの競技は個人プレーです。欠場しても誰にも迷惑を掛けない競技です。でもその決断を為さった浅田真央さんに心から敬意を言いたいです。そしてお母様のご臨終に間に合わなかったことへの悲しい気持に対して心からの哀悼の気持ちを御伝えします。

| | コメント (0)

野田首相が未明にわざわざ決めた税制「改正」は誰の為か。

 自動車の車検時に国民が支払う重量税廃止と自動車を買った時に国民が支払う取得税廃止を民主党に要求していたのは他成らぬ自動車生産業界、判りやすく言えばトヨタや日産やホンダです。

 彼らは莫大な内部留保金を蓄えています。
 この内部留保金の大企業に於ける莫大な増加は、労働者の賃金低下と国民の家庭に於ける収入の絶大な減りとまさに反比例していて、国民の所得の減りは大企業の内部留保金の増加の為に役立っている事を示しています。

 それにも拘わらず安住財務大臣は云いました。
 「自動車関連産業には日本経済の牽引役に成って頂かないという事で決断した」。

 馬鹿も休み休み云って欲しいと想われませんか・・・

 ずっと云われ続けてきましたよね「大企業が儲かればいずれ国民も豊かになる」と云う伝説、神話。

 これをまた懲りずに云いだして憚らない財務大臣の発言は最早国民を騙す犯罪的発言です。

 これまでに自動車業界は莫大な内部留保金を蓄えました。
 これまでに国民の所得はこれに反比例して減り続けました。

 この事実を目の前に見ながら、それでも尚、「牽引役」等と云って国民にとって大切なことの様に云うのは違います。日本に於いては経済の発展が国民生活の向上に少しも役立っていない事実です。

 経済が成長しても国民生活はどんどん落ち込んでいる現実を見れば、現実の私たちの生活を直視すればこの発言が嘘と騙しで有ることははっきりしています。

 これにまたもや騙される人がいれば、それは無知の現れです。

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »