« 大阪府民・市民の選択は本当に正しかったのか、日本のこれからの歴史の歩みとして。何も指摘しないマスメディアと歩み寄ろうとする民・自。 | トップページ | 浅田真央さんの決断に敬意を表明し、哀悼の心をお送りします。 »

2011年12月10日 (土)

野田首相が未明にわざわざ決めた税制「改正」は誰の為か。

 自動車の車検時に国民が支払う重量税廃止と自動車を買った時に国民が支払う取得税廃止を民主党に要求していたのは他成らぬ自動車生産業界、判りやすく言えばトヨタや日産やホンダです。

 彼らは莫大な内部留保金を蓄えています。
 この内部留保金の大企業に於ける莫大な増加は、労働者の賃金低下と国民の家庭に於ける収入の絶大な減りとまさに反比例していて、国民の所得の減りは大企業の内部留保金の増加の為に役立っている事を示しています。

 それにも拘わらず安住財務大臣は云いました。
 「自動車関連産業には日本経済の牽引役に成って頂かないという事で決断した」。

 馬鹿も休み休み云って欲しいと想われませんか・・・

 ずっと云われ続けてきましたよね「大企業が儲かればいずれ国民も豊かになる」と云う伝説、神話。

 これをまた懲りずに云いだして憚らない財務大臣の発言は最早国民を騙す犯罪的発言です。

 これまでに自動車業界は莫大な内部留保金を蓄えました。
 これまでに国民の所得はこれに反比例して減り続けました。

 この事実を目の前に見ながら、それでも尚、「牽引役」等と云って国民にとって大切なことの様に云うのは違います。日本に於いては経済の発展が国民生活の向上に少しも役立っていない事実です。

 経済が成長しても国民生活はどんどん落ち込んでいる現実を見れば、現実の私たちの生活を直視すればこの発言が嘘と騙しで有ることははっきりしています。

 これにまたもや騙される人がいれば、それは無知の現れです。

|

« 大阪府民・市民の選択は本当に正しかったのか、日本のこれからの歴史の歩みとして。何も指摘しないマスメディアと歩み寄ろうとする民・自。 | トップページ | 浅田真央さんの決断に敬意を表明し、哀悼の心をお送りします。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪府民・市民の選択は本当に正しかったのか、日本のこれからの歴史の歩みとして。何も指摘しないマスメディアと歩み寄ろうとする民・自。 | トップページ | 浅田真央さんの決断に敬意を表明し、哀悼の心をお送りします。 »