« | トップページ | お久しぶりです »

2012年6月17日 (日)

大飯原発、再稼働を認めた野田政権の許せない歴史的犯罪行為に怒りを。

 原子力発電を推進してきたのは言うまでもなく自公政権です。
彼らには原発事故対策の欠陥を詰問する資格は在りません。
ですが、今回の大飯原発再開は、昨年の福島原発事故を経験した後の民主党政権が決めた再開です。

 福島事故の原因調査の結果も解らない状況で、未だにどれ程の結果をこども達に将来及ぼすのかも、動植物を含めどの様な影響が出るかも判らない状況で、大飯原発稼働再開を安全だからと認めた野田政権は歴史的犯罪政権です。

 こども達の健康被害の可能性だけに限らず、日本の経済に甚大な被害をもたらした福島事故から何も学ばず、3、11以降に何も自然発電を推進させずに来て、今更電力不足を主張するなどもっての外です。

 毒を喰らはば皿までも  
それこそが、彼ら民主党野田政権の姿です。
一貫して原発再開を主張してきたのは日本経団連です。

 私達国民は、彼らの決定を絶対許してはいけないと思います。

 

|

« | トップページ | お久しぶりです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« | トップページ | お久しぶりです »