2011年8月 8日 (月)

さだまさし氏を私が嫌いだと言う事は、私の自由です!

 音楽なんだから嫌いなら聴かなければよい。
 
 ただそれだけでしょ・・・・なんて意見も聞きますが、それは、私がさだまさし氏を嫌いだと表明する権利を否定することは出来ません。

 私は一人の音楽に携わる人間としての意見を述べただけで、それに対して「嫌いなら聴かなければ良いだけ」なんて意見は私にとっては噴飯ものです!

 当たり前すぎてと言うか、それでは芸人を上手に出来ません!

 何故「噴飯」なる言葉使いをしたのか?

 私にその内容を伝えてきた言葉にある種の「匂い」を感じたからです。

 敵意です・・・・私の感覚です・・・・・私は芸人ですから・・・・・!

 

| | コメント (0)